ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:永瀬隼介

永瀬隼介

ナガセ・シュンスケ

著者プロフィール

1960年、鹿児島県生まれ。國學院大学卒。週刊誌記者を経て作家に。2000年『サイレント・ボーダー』で小説デビュー後、警察小説、サスペンスを中心に骨太の作品を発表し続けている。ノンフィクションに『19歳一家四人惨殺犯の告白』『黒龍江省から来た女』、小説に『閃光』『刑事の骨』『帝の毒薬』『カミカゼ』『三日間の相棒』『白い疵 英雄の死』などがある。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

永瀬隼介
登録する

書籍一覧