ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:松浦寿輝

松浦寿輝

マツウラ・ヒサキ

著者プロフィール

作家・詩人・仏文学者・批評家。東京大学名誉教授。1954年東京都生れ。東京大学大学院仏語仏文学専攻修士課程修了。パリ第III大学にて博士号(文学)を、東京大学にて博士号(学術)を取得。詩集に『冬の本』(高見順賞)『吃水都市』(萩原朔太郎賞)『afterward』(鮎川信夫賞)、小説に『花腐し』(芥川龍之介賞)『半島』(読売文学賞)『そこでゆっくりと死んでいきたい気持をそそる場所』『川の光』、エセー・評論に『折口信夫論』(三島由紀夫賞)『エッフェル塔試論』(吉田秀和賞)『知の庭園 一九世紀パリの空間装置』(芸術選奨文部大臣賞)など多数。2012年東大大学院教授を辞職、執筆に専念する。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

松浦寿輝
登録する

書籍一覧

松浦寿輝が紹介した本