ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:宮部みゆき

宮部みゆき

ミヤベ・ミユキ

著者プロフィール

1960(昭和35)年、東京生れ。1987年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。1989(平成元)年『魔術はささやく』で日本推理サスペンス大賞を受賞。1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞を受賞。1993年『火車』で山本周五郎賞を受賞。1997年『蒲生邸事件』で日本SF大賞を受賞。1999年には『理由』で直木賞を受賞。2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、2002年には司馬遼太郎賞、芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)を受賞。2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞を受賞した。他の作品に『ソロモンの偽証』『英雄の書』『悲嘆の門』『小暮写眞館』『荒神』『希望荘』などがある。

大極宮 (外部リンク)

宮部みゆき 作家生活30周年記念特設サイト

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

宮部みゆき
登録する

書籍一覧

宮部みゆきが紹介した本