ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:小野正嗣

小野正嗣

オノ・マサツグ

著者プロフィール

1970年大分県生まれ。作家、仏語文学研究者。東京大学教養学部および大学院総合文化研究科で学んだ後、パリ第8大学で博士号取得。2001年、「水に埋もれる墓」で朝日新人文学賞、2002年、「にぎやかな湾に背負われた船」で三島由紀夫賞を受賞。2015年、『九年前の祈り』で第152回芥川賞受賞。著書に『森のはずれで』『線路と川と母のまじわるところ』『浦からマグノリアの庭へ』『夜よりも大きい』『獅子渡り鼻』など、訳書にV.S.ナイポール『ミゲル・ストリート』(小沢自然との共訳)、マリー・ンディアイ『ロジー・カルプ』など。現在、立教大学文学部准教授。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

小野正嗣
登録する

書籍一覧

小野正嗣が紹介した本