ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:藤原緋沙子

藤原緋沙子

フジワラ・ヒサコ

著者プロフィール

高知県生まれ。立命館大学文学部史学科卒業。小松左京主宰の「創翔塾」で作家修業に励み、脚本家として活躍。2002年「隅田川御用帳」シリーズ1作目の『雁の宿』で小説家デビューを果たす。以来、人情時代小説の名手として高く評価され、2013年「隅田川御用帳」シリーズで第2回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。その他、代表的なシリーズに『藍染袴お匙帖』、『橋廻り同心・平七郎控』、『見届け人秋月伊織事件帖』、『浄瑠璃長屋春秋記』、『渡り用人片桐弦一郎控』、『人情江戸彩時記』等が、単行本作品に『番神の梅』がある。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

藤原緋沙子
登録する

書籍一覧

藤原緋沙子が紹介した本