ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:高峰秀子

高峰秀子

タカミネ・ヒデコ

著者プロフィール

(1924-2010)女優、随筆家。1924年北海道生れ。5歳のとき映画『母』で子役デビュー。以後、『二十四の瞳』『浮雲』『名もなく貧しく美しく』など300本を超える作品に出演。キネマ旬報主演女優賞、毎日映画コンクール女優主演賞ほか、受賞数は日本映画界最多。55歳で引退。名随筆家としても知られ、『わたしの渡世日記 上・下』(新潮文庫)で第24回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。『巴里ひとりある記』(新潮社)、『人情話 松太郎』(文春文庫)、『台所のオーケストラ』『にんげんのおへそ』(いずれも新潮文庫)など、夫・松山善三との共著『旅は道づれアロハ・ハワイ』(中公文庫)、松山善三と養女で作家の斎藤明美との共著『高峰秀子 暮しの流儀』(新潮社)も含め著書多数。2010年12月28日死去。享年86。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

高峰秀子
登録する

書籍一覧