ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:玉袋筋太郎

玉袋筋太郎

タマブクロ・スジタロウ

著者プロフィール

1967(昭和42)年、東京生れ。西新宿に育つ。高校卒業後、ビートたけしに弟子入りし、1987年に水道橋博士と「浅草キッド」を結成。芸能活動のかたわら、『絶滅危惧種見聞録』『男子のための人生のルール』『浅草キッド玉ちゃんのスナック案内』など多数の本を手がけ、『新宿スペースインベーダー―昭和少年凸凹伝―』で小説デビュー。またコンビの著作として『お笑い男の星座』『キッドのもと』などがある。こよなく愛する“スナック”普及に力を入れており、社団法人全日本スナック連盟会長も務める。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

玉袋筋太郎
登録する

書籍一覧