ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:麻見和史

麻見和史

アサミ・カズシ

著者プロフィール

1965(昭和40)年千葉県生まれ。立教大学文学部卒業。2006(平成18)年に『ヴェサリウスの柩』で鮎川哲也賞を受賞しデビュー。ミステリー要素の濃い警察小説を次々と発表し、高い人気を得ている。「警視庁殺人分析班シリーズ」「警視庁文書捜査官シリーズ」「特捜7シリーズ」の他、『真夜中のタランテラ』『深紅の断片 警防課救命チーム』『屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香』『共犯レクイエム―公安外事五課』などがある。

麻見和史のイベント・シンポジウム日記 (外部リンク)

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

麻見和史
登録する

書籍一覧