ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:麻見和史

麻見和史

アサミ・カズシ

著者プロフィール

1965年千葉県生まれ。立教大学文学部卒業。2006年『ヴェサリウスの柩』(東京創元社)で第16回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。『石の繭』をはじめ、ミステリー的要素の濃い警察小説を次々と発表、活躍が期待される新鋭である。主な著書に、『特捜7 銃弾』(新潮社)『蟻の階段』『水晶の鼓動』『虚空の糸』『聖者の凶数』『女神の骨格』『蝶の力学』(講談社)『屑の刃』(幻冬舎)『警視庁文書捜査官』(KADOKAWA)等がある。

麻見和史のイベント・シンポジウム日記 (外部リンク)

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

麻見和史
登録する

書籍一覧