ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:芳川泰久

芳川泰久

ヨシカワ・ヤスヒサ

著者プロフィール

1951年、埼玉県生まれ。早稲田大学大学院後期博士課程修了。早稲田大学文学学術院教授(フランス文学、文芸評論)。ヌーヴェル・クリティツク、テクスト論と呼ばれる批評ジャンルの第一人者。著書に『闘う小説家 バルザック』『金井美恵子の想像的世界』『村上春樹とハルキムラカミ―精神分析する作家―』、小説集『歓待』、翻訳にクロード・シモン『農耕詩』、バルザック『サラジーヌ 他三篇』、マルセル・プルースト『失われた時を求めて 全一冊』(角田光代氏と共編訳)など多数。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

芳川泰久
登録する

書籍一覧

芳川泰久が紹介した本