ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:小倉孝保

小倉孝保

オグラ・タカヤス

著者プロフィール

1964年滋賀県生まれ。関西学院大学社会学部を卒業し、1988年毎日新聞社入社。カイロ、ニューヨーク両支局長、欧州総局(ロンドン)長を経て2015年7月より外信部長。2014年に日本人として初めて英国外国特派員協会賞(特派員部門)受賞。『柔の恩人「女子柔道の母」ラステイ・カノコギが夢見た世界』(小学館)で第18回小学館ノンフィクション大賞、第23回ミズノスポーツライター賞最優秀賞をダブル受賞。著書に『初代一条さゆり伝説 釜ヶ崎に散ったバラ』(葉文館出版)、『戦争と民衆 イラクで何が起きたのか』(毎日新聞社)、『大森実伝 アメリカと闘った男』(同)、『ゆれる死刑 アメリカと日本』(岩波書店)、『三重スパイ イスラム過激派を監視した男』(講談社)がある。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

小倉孝保
登録する

書籍一覧

小倉孝保が紹介した本