ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:芦沢央

芦沢央

アシザワ・ヨウ

著者プロフィール

1984年東京都生まれ。2012年『罪の余白』で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞しデビュー。2017年『許されようとは思いません』が第38回吉川英治文学新人賞の、2018年「ただ、運が悪かっただけ」が第71回日本推理作家協会賞短編部門の候補になった。他の著書に『悪いものが、来ませんように』『今だけのあの子』『いつかの人質』『雨利終活写真館』『貘の耳たぶ』『バック・ステージ』がある。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

芦沢央
登録する

書籍一覧