ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:花房観音

花房観音

ハナブサ・カンノン

著者プロフィール

1971(昭和46)年、兵庫県生れ。京都女子大学文学部中退後、映画会社や旅行会社などの勤務を経て、2010(平成22)年に「花祀り」で団鬼六賞大賞を受賞しデビュー。2016年9月現在も京都でバスガイドを務める。官能小説では、男女のありようを芯から炙り出す筆力の高さに女性からの支持も厚い。ホラー小説も手がける。著書に『寂花の雫』『花祀り』『萌えいづる』『女坂』『楽園』『鳥辺野心中』『指人形』『黄泉醜女(ヨモツシコメ)』『女の庭』『好色入道』『偽りの森』『愛の宿』『まつりのあと』など多数。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

花房観音
登録する

書籍一覧

花房観音が紹介した本