ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:木内昇

木内昇

キウチ・ノボリ

著者プロフィール

1967年東京生まれ。出版社勤務を経て独立し、インタビュー誌「Spotting」を創刊。編集者・ライターとして活躍する一方、2004年『新選組幕末の青嵐』で小説家デビュー。2008年に刊行した『茗荷谷の猫』で話題となり、早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞を受賞。2011年に『漂砂のうたう』で直木賞を受賞、2013年に刊行した『櫛挽道守』は中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、親鸞賞を受賞した。他の作品に『笑い三年、泣き三月。』『ある男』『よこまち余話』『光炎の人』などがある。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

木内昇
登録する

書籍一覧

木内昇が紹介した本

インタビュー/対談/エッセイ