ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:深木章子

深木章子

ミキ・アキコ

著者プロフィール

1947年東京都出身。弁護士として活動したのち、60歳で執筆活動を開始。2010年『鬼畜の家』で第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞し、同作で翌年作家デビュー。2013年『衣更月(きさらぎ)家の一族』で、2014年『螺旋の底』で本格ミステリ大賞の候補に。また2016年『ミネルヴァの報復』が日本推理作家協会賞の候補となり、注目を浴びている。他の著書に『殺意の構図』『敗者の告白』『交換殺人はいかが? じいじと樹来とミステリー』『猫には推理がよく似合う』がある。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

深木章子
登録する

書籍一覧