ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:嵐山光三郎

嵐山光三郎

アラシヤマ・コウザブロウ

著者プロフィール

1942(昭和17)年、静岡県生れ。雑誌編集者を経て、作家活動に入る。1988年、『素人庖丁記』により、講談社エッセイ賞を受賞。2000(平成12)年、『芭蕉の誘惑』(後に『芭蕉紀行』と改題)により、JTB紀行文学大賞を受賞。『悪党芭蕉』が2006年に泉鏡花文学賞を、2007年に読売文学賞を受賞した。『文人悪食』『文人暴食』『文人悪妻』『日本一周ローカル線温泉旅』『死ぬための教養』『寿司問答──江戸前の真髄』『昭和出版残侠伝』『とっておきの銀座』『美妙』など著書多数。旅と温泉を愛し、一年のうち八ヶ月は、国内外を旅行している。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

嵐山光三郎
登録する

書籍一覧

嵐山光三郎が紹介した本