ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:梅原猛

梅原猛

ウメハラ・タケシ

著者プロフィール

1925年宮城県生まれ、哲学者。国際日本文化研究センター顧問。京都大学文学部哲学科卒業。立命館大学教授、京都市立芸術大学学長、国際日本文化研究センター所長などを歴任。縄文時代から近代までを視野におさめ、文学・歴史・宗教等を包括して日本文化の深層を解明する幾多の論考は〈梅原日本学〉と呼ばれる。著書に『隠された十字架一法隆寺論』、『葬られた王朝一古代出雲の謎を解く』、『親鸞「四つの謎」を解く』(以上すべて新潮社)など多数。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

梅原猛
登録する

書籍一覧