ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:大江健三郎

大江健三郎

オオエ・ケンザブロウ

著者プロフィール

1935(昭和10)年、愛媛県生れ。東京大学仏文科卒業。在学中に「奇妙な仕事」で注目され、1958年「飼育」で芥川賞を受賞。以後、常に現代文学の最先端に位置して作品を発表する。1994(平成6)年、ノーベル文学賞受賞。主な作品に『芽むしり仔撃ち』『個人的な体験』『万延元年のフットボール』『洪水はわが魂に及び』『新しい人よ眼ざめよ』『懐かしい年への手紙』『人生の親戚』『燃えあがる緑の木』『取り替え子(チェンジリング)』『美しいアナベル・リイ』『水死』『晩年様式集(イン・レイト・スタイル)』等がある。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

大江健三郎
登録する

書籍一覧

大江健三郎が紹介した本