2016年 1月 開講!!

多摩武蔵野スリバチ地形散歩 シーズン3

2016年1/23(土)、2/20(土)、3/19(土)<br>
13:00〜15:30<br>
全3回

講師名

真貝康之(多摩武蔵野スリバチ学会会長)

講座内容

東京の武蔵野台地の西側に位置する多摩地域は、台地上の平坦な地形と多摩川などの河川が作り出した高低差のある地形が特徴です。国分寺崖線や立川・府中崖線などの「崖」や、あちこちから湧き出ている「湧水」は、多摩の風景に奥深さとうるおいを与えています。また、武蔵野台地の背骨を掘削した玉川上水や数々の分水、開発されたとはいえ自然が残る多摩丘陵や狭山丘陵も多摩のまち歩きの楽しみです。
本講座は、地形を中心にして魅力ある多摩地域を楽しんで頂くまち歩き講座です。東京の都心部のような典型的なスリバチ状の地形は決して多くはありませんが、皆さんにとって多摩の新しい発見がきっとあると思います。(講師・記)

※すべて野外講座です。各回の行き先と集合場所は「カリキュラム」欄をご覧下さい。

※一回毎のお申込も可能です。

日時

2016年1/23(土)、2/20(土)、3/19(土)
13:00〜15:30
全3回

受講料

一括申込の方
7,800円(税込2,600円×3回)

個別申込の方
3,000円/回(税込)

教材費

一括申込の方
2,040円(税込680円×3回)※イヤホンレンタル料/傷害保険料

個別申込の方
680円/回(税込)※イヤホンレンタル料/傷害保険料

設備維持費

カリキュラム

1月23日(土) 13:00〜15:30 府中篇
見どころ満載の府中を府中崖線沿いに歩きます。京王線府中駅をスタートして、善明寺や高安寺に。そして分梅通り(鎌倉古道)の府中崖線を下って、網の目のような府中用水を歩きます。府中崖線の南には東京競馬場、北には寺社。府中崖線を上って大國 魂神社に着きます。武蔵国の国府だった府中の新しい発見がきっとあります。
集合場所 京王線 府中駅 南口改札前
(北口にも改札がありますのでご注意下さい)
※解散場所の最寄り駅は京王線府中駅です。

2月20日(土) 13:00〜15:30 石神井公園篇
武蔵野三大湧水池の三宝寺池とその周辺を歩きます。三宝寺池は、井の頭池や善福寺池と同じく、武蔵野台地の標高50m付近で湧水が湧き出るいわゆる谷頭スリバチタイプです。国の天然記念物の沼沢植物群落、また豊島氏の居城であった石神井城址、太田道灌にゆかりのある遺跡や神社があります。石神井川が刻んだ凸凹地形を歩くのは楽しいですよ。
集合場所 西武池袋線 石神井公園駅 中央口改札前
(西口改札もありますのでご注意下さい)
※解散場所の最寄り駅は西武新宿線上石神井駅です。

3月19日(土) 13:00〜15:30 善福寺公園篇
2月に続いて武蔵野三大湧水池、善福寺池とその周辺を歩きます。スタートはガンダムのモニュメントがある西武新宿線の上井草駅。井草川と区画整理事業により作り出された見事なスリバチ地形と、暗渠となった井草川を歩いて、井草八幡宮から善福寺池に。善福寺川の原寺分橋では川底から湧き出る湧水を見ることができます。
集合場所 西武新宿線 上井草駅 南口改札前
(北口にも改札がありますのでご注意下さい)
※解散場所の最寄り駅はJR中央線西荻窪駅です。

各自準備

・野外講座は現地集合、現地解散です。
13:00「出発」です。資料とイヤホンをお渡ししますので5分前までにお集まり下さい。
・現地までの交通費は自己負担でお願いいたします。
・歩きやすい服装と靴でご参加下さい。
・雨具、帽子、飲み物、常備薬、健康保険証などを必要に応じてご持参下さい。

講師紹介

多摩武蔵野スリバチ学会会長。1958 年東京都生まれ。上智大学卒。大手金融機関勤務を経て現在関連企業で活躍中。東京スリバチ学会のアクティブな会員としてフィールドワークに参加する傍ら、自宅がある三鷹市を中心に多摩武蔵野エリアのまち歩きを独自に開催。2014年多摩武蔵野スリバチ学会を創設。

備考

受講料、教材費、設備維持費はすべて税込金額です。

この講座に申し込む

03-3266-5776

電話受付時間:10:00~18:00
土日・祝日除く

新潮講座事務局

メールマガジン

新潮社がお送りするプレミアム教養講座「新潮講座」の最新情報をいち早く、詳しくお届けします!

登録

〈0030〉BNR_takeda-masako_blog

〈0020〉BNR_Facebook

〈0010〉BNR_twitter