ホーム > 書籍詳細:藤村のパリ

藤村のパリ

河盛好蔵/著

693円(税込)

発売日:2000/09/01

書誌情報

読み仮名 トウソンノパリ
シリーズ名 新潮文庫
装幀 香月泰男/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-102604-6
C-CODE 0195
整理番号 か-4-4
ジャンル 文学・評論、ノンフィクション
定価 693円

頁を開けばそこはもう1910年代の巴里(パリ)。藤村の足音が聞こえる。読売文学賞受賞。

姪との「不倫」に苦悩した島崎藤村は、逃げるようにしてフランスへ渡った。折しも勃発した第一次世界大戦に濃く色どられた約三年間のパリ生活で、藤村は何を観、何を聴き、どんな事態を体験したのか? 下宿の女主人との関係は? 河上肇や藤田嗣治ら、パリの日本人たちとの交友は? 人間への好奇心、その飽くなき情熱が生き生きと蘇えらせる、藤村の歩いたパリの情景。読売文学賞受賞。

  • 受賞
    第49回 読売文学賞 随筆・紀行賞

著者プロフィール

河盛好蔵

カワモリ・ヨシゾウ

(1902-2000)大阪府堺市生れ。1928(昭和3)年から二年間フランスに留学、主にモラリスト文学を研究。帰国後、長らく東京教育大、共立女子大等で教鞭をとる。モロワをはじめとする多数の訳業のほか、明朗・快活な人生論、女性論で人気を博した。代表作には『フランス文壇史』(読売文学賞)、『パリの憂愁』(大佛次郎賞)、『藤村のパリ』(読売文学賞)等。1988年、文化勲章受章。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

河盛好蔵
登録

書籍の分類