ホーム > 書籍詳細:誘拐犯はカラスが知っている―天才動物行動学者 白井旗男―

この男、動物のことで知らないことはない?! 天才動物行動学者が難事件を解決する!

誘拐犯はカラスが知っている―天才動物行動学者 白井旗男―

浅暮三文/著

680円(税込)

本の仕様

発売日:2018/03/01

読み仮名 ユウカイハンハカラスガシッテイルテンサイドウブツコウドウガクシャシライハタオ
装幀 丹地陽子/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-121291-3
C-CODE 0193
整理番号 あ-92-1
ジャンル ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
定価 680円
電子書籍 価格 756円
電子書籍 配信開始日 2018/08/31

誘拐された人質を発見するにはカラスの後を追え? バラバラ殺人事件を解く鍵はリスの生態? 密室殺人犯を教えてくれるのは馬? 警察犬ハンドラー原友美が頼りにするのは、大学の先輩である白井旗男。東京郊外の「動物屋敷」に隠棲する天才動物行動学者が、知られざる動物の習性に関する知識を武器に、次々と難事件を解決する新感覚ミステリ! 二人の決め台詞は「動物は嘘をつかない!」。

著者プロフィール

浅暮三文 アサグレ・ミツフミ

1959(昭和34)年兵庫県生れ。関西大学卒業後、広告代理店でコピーライターとして勤務したのち、『ダブ(エ)ストン街道』でメフィスト賞を受賞してデビュー。2003(平成15)年『石の中の蜘蛛』で第56回日本推理作家協会賞を受賞。『似非エルサレム記』『実験小説 ぬ』をはじめとした前衛小説を中心に、ミステリーやクライム・ノヴェルなど幅広い作風で小説を発表。近作に『セブン 秋葉原から消えた少女』『セブンopus2 古い街の密かな死』『百匹の踊る猫 刑事課・亜坂誠 事件ファイル001』『ロック、そして銃弾 私立警官・音場良』などがある。

目次

Case1 烏合の地
Case2 翼と絵画
Case3 チャップリンの新しい靴
Case4 森にいる時計
Case5 目撃者たち
Case6 銀座のレナード
Case7 学者がいた密室
解説 若林踏

感想を送る

新刊お知らせメール

浅暮三文
登録する
ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
登録する

書籍の分類

この分類の本

誘拐犯はカラスが知っている―天才動物行動学者 白井旗男―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

誘拐犯はカラスが知っている―天才動物行動学者 白井旗男―

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!