ホーム > 書籍詳細:パンツが見える。―羞恥心の現代史―

“パンチラ”という、「洗脳」の正体。『京都ぎらい』著者の圧倒的名著、待望の文庫化!!

パンツが見える。―羞恥心の現代史―

井上章一/著

767円(税込)

本の仕様

発売日:2018/05/01

読み仮名 パンツガミエルシュウチシンノゲンダイシ
装幀 「ふしぎなメルモ」(C)手塚プロダクション/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-121441-2
C-CODE 0136
整理番号 い-132-1
ジャンル 社会学
定価 767円

パンツが見える――それを喜ぶ男性、恥じらう女性。もちろんこれは本能の問題ではない。「はいてるから見えても恥ずかしくない」と思う少女、「ちぇっ! はいてやがる!」と落胆する男、1930年代ではこれが普通のことだったのだ。和装から洋装へ、腰巻きからズロース、パンティへ。下着を巡る羞恥心の劇的な変容を、数多の文献から圧倒的な熱量で考証する。貴方の知的好奇心を刺激する名著。

著者プロフィール

井上章一 イノウエ・ショウイチ

1955(昭和30)年、京都府生れ。京都大学大学院修士課程修了。2018年4月現在、国際日本文化研究センター教授。『つくられた桂離宮神話』でサントリー学芸賞、『南蛮幻想―ユリシーズ伝説と安土城』で芸術選奨文部大臣賞を受賞。専門の建築史・意匠論のほか、美人論、関西文化論など、幅広いジャンルにわたって、ユニークな視点で日本文化について発言している。他の著書に『京都ぎらい』『学問をしばるもの』『美人論』『関西人の正体』などがある。

目次

1 白木屋ズロース伝説は、こうしてつくられた
百貨店の大火災/さまざまな墜落者/死線をさまよった女たち/白木屋を代弁して/その後、ズロース着用者はふえたのか/大震災と大火災
2 パンツをはかなかったころの女たち
粋な姉チャン、立ちションベン/便所に男女の区別がなかったころ/少女たちの下半身/ローアングルにひらく花/「裸の大将」が目にしたもの/「松屋颪」とよばれた風/毛の呪術
3 ズロースがきらわれたのは、どうしてか
きどった男のアドバイス/ブリキのズロース/二枚、三枚、四枚、五枚/きゅうくつで、気持ちが悪いもの/和装の美観にはばまれて/サルマタかズロースか/ズロースをはきわすれたお嬢さん/洋装時代の下着観
4 「みだら」な女も、はいていた
ズロースと共産党/花柳界の女たち/ノーズロ、ショースカ/ズロースがおちる金曜日/踊り子たちにさそわれて
5 パンチラをよろこぶ感情が、めばえるまで
みんな、はいている/風のはこんだ物語/電車のなかの淑女たち/ズロースを気にした男たち/パンツを見せたじゃないですか
6 ズロースからパンティへ
きたないズロース/メリケン粉の袋まで/大きいパンツ、小さいパンツ/色とりどりの
7 くろうと筋からの風俗史
カラー・ズロースをはいたころ/風俗嬢、ホステス、ストリッパー/女を娼婦にする百貨店/パンツでデート/ズロースの時代がおわる時/時には娼婦のように
8 一九五〇年代パンチラ革命説
パンツにときめく男たち/行儀のよい女たち/パンチラの誕生/文学の可能性/『七年目の浮気』/スカートの下に劇場ができるまで
あとがき
文庫版へのあとがき
解説 酒井順子

感想を送る

新刊お知らせメール

井上章一
登録する
社会学
登録する

書籍の分類

この分類の本

パンツが見える。―羞恥心の現代史―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto