ホーム > 書籍詳細:靖国

靖国

坪内祐三/著

649円(税込)

発売日:2001/08/01

書誌情報

読み仮名 ヤスクニ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-122631-6
C-CODE 0195
整理番号 つ-18-1
ジャンル 哲学・思想、宗教、思想・社会
定価 649円

小泉さん、あなたの知らない靖国がここにあります。

「軍国主義の象徴」か、あるいは「英霊の瞑る聖地」か。八月がくるたびに、閣僚の公式参拝の是非が論じられる靖国神社。しかし、そもそも靖国は、建立当初はどのような貌をした場所だったのか――イデオロギーにまみれ、リアルな場として語られることのなかった空間の意外な姿を膨大な史料を駆使して再現し、近代化を経て現在に引き継がれる、日本人の精神性を発見する痛快な評論。

著者プロフィール

坪内祐三

ツボウチ・ユウゾウ

(1958-2020)1958(昭和33)年5月8日東京都渋谷区生まれ、3歳から世田谷区育ち。早稲田大学第一文学部人文専修卒、同大学院英文科修士課程修了。1987(昭和62)年から1990(平成2)年まで「東京人」編集部員。1997(平成9)年、『ストリートワイズ』(晶文社)でデビュー。2001(平成13)年9月、『慶応三年生まれ 七人の旋毛曲り』(マガジンハウス)で講談社エッセイ賞を受賞。2020(令和2)年1月13日、心不全のため急逝。主な著書に『靖国』『古くさいぞ私は』『変死するアメリカ作家たち』『探訪記者 松崎天民』『昼夜日記』など。「小説新潮」に連載中だった『玉電松原物語』が遺作となった。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

坪内祐三
登録
哲学・思想
登録
宗教
登録
思想・社会
登録

書籍の分類