ホーム > 書籍詳細:今日もいち日、ぶじ日記

今日もいち日、ぶじ日記

高山なおみ/著

781円(税込)

発売日:2015/07/01

書誌情報

読み仮名 キョウモイチニチブジニッキ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-126051-8
C-CODE 0195
整理番号 た-116-1
ジャンル エッセー・随筆、ノンフィクション
定価 781円
電子書籍 価格 869円
電子書籍 配信開始日 2015/12/18

味も暮らしも言葉も大切なのは飾りたてない事。街で山で人気料理家が刻む日々のつれづれ。

「豊かな自然に抱かれて暮らす、なんでもない日々を綴ってみたい(中略)大好きな武田百合子さんの、『富士日記』のように」。街の暮らししか知らなかった料理家の私とその夫が、里山の古民家を手に入れた。古い家財道具が眠るそこは百年の時を重ねた場所。街と山を行き来する新しい日々は輝きを増し、震災の哀しみの向こうに照り映える。生活する全ての人々の幸せを祈る「ぶじ日記」。

目次
まえがき
東北の旅 2011年 7月25日―27日
2010年 1月―3月
 料理の間
4月―6月
7月―9月
 湯気の立つ言葉
10月―12月
おわりに
文庫版あとがき

解説 スイセイ

イベント/書店情報

著者プロフィール

高山なおみ

タカヤマ・ナオミ

1958年静岡県生まれ。レストランのシェフを経て料理家に。文筆家としても活躍。著書に、『帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。』、『日々ごはん』、『フランス日記』、『高山ふとんシネマ』、『押し入れの虫干し』、『明日もいち日、ぶじ日記』、『気ぬけごはん』、『高山なおみのはなべろ読書記』、『きえもの日記』など。近刊に『帰ってきた日々ごはん(2)』、『ロシア日記―シベリア鉄道に乗って―』と同時発売の『ウズベキスタン日記―空想料理の故郷へ―』がある。『野菜だより』、『料理=高山なおみ』、『実用の料理ごはん』ほか料理本も多数。絵本にも取り組んでおり、『どもるどだっく』、近刊『たべたあい』(いずれも絵・中野真典)を準備中。夫・スイセイ(発明家・工作家)との初めての共著『ココアどこ わたしはゴマだれ』が2016年秋に刊行予定。

ふくう食堂 (外部リンク)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

高山なおみ
登録
エッセー・随筆
登録

書籍の分類