ホーム > 書籍詳細:不知火海

地の底の青く妖しい光。それを見た者は、みな死ぬ――九州・大牟田に封印された犯罪に、浅見光彦が迫る。

不知火海

内田康夫/著

737円(税込)

本の仕様

発売日:2007/09/01

読み仮名 シラヌイカイ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-126727-2
C-CODE 0193
整理番号 う-11-7
ジャンル ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
定価 737円

隣人の坂本に謎の箱を預けて失踪した米村。箱には古いドクロが入っていた。調査を依頼された浅見光彦は、ドクロの奥歯の間から石炭を見つける。坂本が耳にした「しらぬい」という言葉を手がかりに九州へ飛んだ光彦は、米村の生地が大牟田と知る。三井三池炭鉱で栄えた大牟田。そこに残る廃坑に長く隠されてきた恐るべき秘密とは――。歴史に残らぬ空前の大犯罪を描いたサスペンス巨編。

著者プロフィール

内田康夫 ウチダ・ヤスオ

1934(昭和9)年、東京生れ。コピーライター、CM制作会社社長を経て、1980年『死者の木霊』で作家デビュー。1982年からは作家業に専念。2008年、日本ミステリー文学大賞を受賞。名探偵・浅見光彦が登場する数々の作品は、テレビ化・映画化もされ、多くの読者の圧倒的支持を得ている。また、2016年4月、軽井沢に内田康夫財団の「浅見光彦 友の会」と「浅見光彦記念館」が開設予定。『天河伝説殺人事件』『藍色回廊殺人事件』『箸墓幻想』『贄門島』『遺譜 浅見光彦最後の事件』など著作多数。

浅見光彦記念館 (外部リンク)

目次

プロローグ
第一章 代官山アパート
第二章 恨めしげな骸骨
第三章 美しい女と怪しい男と
第四章 ケネディ暗殺の年
第五章 八代海溢れる
第六章 廃坑の町
第七章 ドクロの記憶力
第八章 悪魔の砂
第九章 逃亡者
第十章 地底の不知火
エピローグ
自作解説 内田康夫

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

内田康夫
登録する
ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
登録する

書籍の分類

この分類の本