ホーム > 書籍詳細:黒い報告書 クライマックス

黒い報告書 クライマックス

「週刊新潮」編集部/編

539円(税込)

発売日:2017/12/01

書誌情報

読み仮名 クロイホウコクショクライマックス
装幀 Glasshouse images/カバー写真、アフロ/カバー写真、新潮社装幀室/デザイン
雑誌から生まれた本 週刊新潮から生まれた本
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-131010-7
C-CODE 0195
整理番号 し-62-8
ジャンル ノンフィクション
定価 539円

不倫に乱交、寝取られに近親相姦……男女の情欲の絶頂を描く「週刊新潮」連載傑作選。

金が欲しい。セックスがしたい。欲望の絶頂を迎えた男と女が堕ちていく奈落の底は――。泥酔した女子大生を毒牙にかける医大生らのゆがんだ獣欲。高齢男性を次々に虜にして金を奪う魔性のゆきずり女。寝取られ趣味の夫婦に体を提供した男の悲劇。お義父さんと娘が夜な夜な繰り広げる秘密の交合い……。実在の事件をエロティックな濡れ場たっぷりに読み物化した「週刊新潮」人気連載傑作選。

目次
黒い報告書とは
“婦人科実習”で瓦解した「負け組医大生」の獣欲 増田晶文
“鳴き”が売りのサバ読み女が「やり手ばばあ」とぶつかって 蓮見圭一
「機織り三人娘」が辿りついた“大人の自由研究”の出来映え 岩井志麻子
男優志願の「大阪人」が台本通りに演れなくて 村井和彦
“寝取られ趣味”が蒸し返した忌まわしい夏の「メデューサ」 蜂谷涼
「ガラス玉の眼差し」に囚われて下僕が貪った“不安定な若さ” 杉山隆男
“一杯の茶”で男を沈めた年齢不詳の「ゆきずり女」 桐生典子
坊主をノックアウトした「落花流水」の“桃尻女” 久間十義
「アラフォー麗人」の見栄で足がついた“ゴッドハンド” 井口民樹
“跨られた男”が疼いた終着駅の「介抱趣味」 内藤みか
掴んだチャンスに溺れた遅咲き役者の“制服の海” 藤井建司
工場リーダーに仕込まれた「社長の家内」の白い双丘 深笛義也
妄想を「轢き逃げ」された偏屈男の“アダルト駐車場” 安達瑶
「お義父さん」が貫いた音が響く“天井の染み” 花房觀音