ホーム > 書籍詳細:金春屋ゴメス 異人村阿片奇譚

「江戸国」一番の名奉行ゴメス、麻薬捜査に挑む。スリル満点! 超ド迫力の近未来捕物帖。「日本ファンタジーノベル大賞」大賞受賞第二作!

金春屋ゴメス 異人村阿片奇譚

西條奈加/著

596円(税込)

本の仕様

発売日:2009/05/01

読み仮名 コンパルヤゴメスイジンムラアヘンキタン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-135772-0
C-CODE 0193
整理番号 さ-64-2
ジャンル SF・ホラー・ファンタジー
定価 596円

ときは近未来、ところは日本領土内、鎖国状態の「江戸国」。上質の阿片が海外に出回り、江戸国は麻薬製造の嫌疑をかけられる。極悪非道で知られる長崎奉行ゴメスは、異人たちが住む麻衣椰(マイヤ)村に目をつける。辰次郎が想いを寄せる女剣士朱緒の過去が絡み合い、事態は思わぬ展開を見せるが――。「日本ファンタジーノベル大賞」大賞受賞作の続編、待望の文庫化! 『芥子の花―金春屋ゴメス―』改題。

著者プロフィール

西條奈加 サイジョウ・ナカ

1964(昭和39)年北海道生れ。都内英語専門学校卒業。2005(平成17)年、『金春屋ゴメス』で「日本ファンタジーノベル大賞」大賞を受賞。2012年『涅槃の雪』で中山義秀文学賞、2015年『まるまるの毬』で吉川英治文学新人賞を受賞。著書に『金春屋ゴメス 異人村阿片奇譚』『烏金』『善人長屋』『恋細工』『千年鬼』『睦月童』『九十九藤』『閻魔の世直し 善人長屋』『大川契り 善人長屋』『上野池之端 鱗や繁盛記』などがある。

感想を送る

新刊お知らせメール

西條奈加
登録する
SF・ホラー・ファンタジー
登録する

書籍の分類

この分類の本