ホーム > 書籍詳細:愛は苦手

愛は苦手

山本幸久/著

693円(税込)

発売日:2012/10/01

書誌情報

読み仮名 アイハニガテ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-135882-6
C-CODE 0193
整理番号 や-65-2
ジャンル 文芸作品
定価 693円

頑張れ「オトナ女子」! みんなが優しかった20代。まだまだイケると信じていた30代。気付けばアラフォーに突入していた! ややこしい世代の背中を後押しする九つの物語。

娘の行動は理解できず、マイペースな夫に頭を痛める彩子。勤続20年、一人で一戸建てを手に入れた可憐。義父との同居に戸惑いながらも心癒やされる真紀──主婦、会社員、漫画家、既婚、独身、元愛人……様々な境遇に生きる女性たちが繰り広げる紆余曲折。アラフォーという微妙でやっかいな世代の背中をそっと後押しする短編集。文庫書き下ろし「家出(嘘)」を含む9 編を収録。

目次
カテイノキキ
買い替え妻
ズボンプレッサー
町子さんの庭
たこ焼き、焼けた?
象を数える
まぼろし
愛は苦手
家出(嘘)〈文庫書き下ろし〉
解説 大島真寿美

著者プロフィール

山本幸久

ヤマモト・ユキヒサ

1966年東京都生まれ。中央大学を卒業後、内装会社や編集プロダクション勤務を経て2003年『笑う招き猫』で第16回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。仕事や芸事に懸命に打ち込む人々の物語を軽妙な文体で綴り人気を博す。他の著作に『凸凹デイズ』『渋谷に里帰り』『カイシャデイズ』『ある日、アヒルバス』『愛は苦手』『寿フォーエバー』『ジンリキシャングリラ』『芸者でGO!』『店長がいっぱい』『誰がために鐘を鳴らす』『ウチのセンセーは、今日も失踪中』『ふたりみち』『あたしの拳が吼えるんだ』など多数。『笑う招き猫』『ある日、アヒルバス』は映像化もされている。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

山本幸久
登録
文芸作品
登録

書籍の分類