ホーム > 書籍詳細:さよなら快傑黒頭巾

さよなら快傑黒頭巾

庄司薫/著

539円(税込)

発売日:2012/05/01

書誌情報

読み仮名 サヨナラカイケツクロズキン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-138533-4
C-CODE 0193
整理番号 し-73-3
ジャンル 文芸作品、文学賞受賞作家
定価 539円

若者の夢と挫折――その戦いの予感。読み継がれる青春文学の最高峰。「薫くん四部作」第三弾。「あわや半世紀のあとがき3」収録。

危機一髪というと必ず救いに現れる「快傑黒頭巾」はもういないのか……。東大医学部紛争のさなか、医者の卵の結婚式に突然招かれた薫くんは、異様な雰囲気に驚き、先立つ男たちの「人生の兵学校」の複雑さを知る。夢はあえなく破れるからこそ夢なのか……。激動する時代を背景に、理想と現実のはざまで葛藤する若者たちを描き、人生の哀切を超えた真理に迫る現代青春小説の最高傑作。

目次
さよなら快傑黒頭巾
翌日読んでもらいたいささやかなあとがき

あわや半世紀のあとがき 3

解説 御厨貴

著者プロフィール

庄司薫

ショウジ・カオル

1937(昭和12)年東京生れ。日比谷高校を経て、東京大学法学部卒。1958年、『喪失』(本名の福田章二で執筆)により中央公論新人賞受賞。1969年『赤頭巾ちゃん気をつけて』で芥川賞受賞。著書に『白鳥の歌なんか聞えない』『さよなら快傑黒頭巾』『ぼくの大好きな青髭』『狼なんかこわくない』『ぼくが猫語を話せるわけ』『バクの飼主めざして』がある。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

庄司薫
登録
文芸作品
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類