ホーム > 書籍詳細:池波正太郎の食卓

本物の「食道楽」が愛した味とは? 池波正太郎ゆかりの三人が、和洋十二ヶ月、四季の料理を完全再現。親切指導のレシピ付き。

池波正太郎の食卓

佐藤隆介/著 、近藤文夫/著 、茂出木雅章/著

680円(税込)

本の仕様

発売日:2004/04/01

読み仮名 イケナミショウタロウノショクタク
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-145321-7
C-CODE 0195
整理番号 い-17-51
ジャンル ノンフィクション、グルメ
定価 680円

こよなく食べることを大事にした人、「食通」や「グルメ」でなく、本物の「食道楽」だった人――池波正太郎が愛したその味を、思い出や作品世界にふれながら、書生を十年つとめた男とゆかりの料理人二人が完全再現。四季折々の味を和洋二編、十二ヶ月に分けて徹底紹介する。豊富なカラー写真に加えて、親切指導のレシピ付き。読んで良し、作って良し、食べて良し、大満足の一冊。

著者プロフィール

佐藤隆介 サトウ・リョウスケ

1936(昭和11)年、東京生れ。雑文製造処「鉢山亭」主人。広告代理店のコピーライターを経て、池波正太郎の書生をつとめた。現在は、酒・食・器の「食卓に関わるもの」のみにテーマを絞り文筆活動を営む。著書に『日本口福紀行 がんこの卓上』『池波正太郎の食卓』(共著)『池波正太郎の食まんだら』『あの日、鬼平先生は何を食べたか』『池波正太郎指南 食道楽の作法』『池波正太郎の愛した味』『池波正太郎直伝 男の心得』などがある。

近藤文夫 コンドウ・フミオ

1947(昭和22)年、東京生れ。1966年、山の上ホテル入社、1971年、「てんぷらと和食 山の上」の料理長となる。1991(平成3)年独立し、銀座に「てんぷら近藤」を開店、現在にいたる。

茂出木雅章 モデギ・マサアキ

1939年東京生まれ。日本橋「たいめいけん」店主。大学卒業と同時に父・心護の開いた洋食屋たいめいけんに入店。コック見習からサービスまでをきびしく仕込まれ、78年二代目たいめいけん主人を継ぐ。

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

佐藤隆介
登録する
近藤文夫
登録する
茂出木雅章
登録する
グルメ
登録する

書籍の分類

この分類の本