ホーム > 書籍詳細:池波正太郎の食まんだら

本物の「食道楽」がいた。あの人の「食の作法」がここにある。池波正太郎の書生だった著者が、ゆかりの味の「今」を亡師へ伝える。作家が愛した店・61軒が登場!

池波正太郎の食まんだら

佐藤隆介/著

529円(税込)

本の仕様

発売日:2007/12/01

読み仮名 イケナミショウタロウノショクマンダラ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-145322-4
C-CODE 0195
整理番号 い-17-52
ジャンル 文学・評論、ノンフィクション
定価 529円

先生は、たとえ一杯のラーメンであっても死ぬ気で食べていた──。美味を貪らず、しかし毎日の一食一食を大事にした作家は、食通でもなく、グルメでもない、本物の「食道楽」だった。池波正太郎の書生を十年間つとめた著者が、亡師が愛したゆかりの店や宿を再訪し、あの味の「今」を亡師へ報告。師から学んだ食の作法をさまざまな思い出とともに案内する。『池波正太郎への手紙』改題。

著者プロフィール

佐藤隆介 サトウ・リョウスケ

1936(昭和11)年、東京生れ。雑文製造処「鉢山亭」主人。広告代理店のコピーライターを経て、池波正太郎の書生をつとめた。現在は、酒・食・器の「食卓に関わるもの」のみにテーマを絞り文筆活動を営む。著書に『日本口福紀行 がんこの卓上』『池波正太郎の食卓』(共著)『池波正太郎の食まんだら』『あの日、鬼平先生は何を食べたか』『池波正太郎指南 食道楽の作法』『池波正太郎の愛した味』『池波正太郎直伝 男の心得』などがある。

目次

前口上
神田界隈
花ぶさ
てんぷらと和食 山の上
まつや
万惣
松栄亭
竹むら
揚子江菜館
古瀬戸珈琲店
松翁
銀座界隈
たいめいけん
野田岩
浜町 藪そば
与志乃
モルチェ銀座
東京風月堂
煉瓦亭
トップス銀座店
いまむら
みかわや
銀座 新富寿し
楼蘭
銀座千疋屋
竹葉亭 本店
慶楽
資生堂パーラー
巴町 砂場
ビーフン東
OGAWAKEN Cafe
かつ平
浅草界隈・その他
並木 藪蕎麦
梅園
前川
リスボン
アンヂェラス
伊せ喜
みの家
長崎
とんき
ブルドック
アンゼリカ
横浜
蓬莱閣
清風楼
徳記
ホテルニューグランド
キャプテン
名古屋・京都・大阪
宮鍵
石川
蛸長
三嶋亭
イノダコーヒ
志る幸・萬養軒・盛京亭・鍵善良房
阿み彦・大黒
旅の宿、旅の味
湯布院 玉の湯
京亭
金谷
刀屋
蕪水亭
文庫版あとがき
〈本書に登場する店舗・宿の連絡先一覧〉

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

佐藤隆介
登録する

書籍の分類

この分類の本