ホーム > 書籍詳細:陽炎の旗―続・武王の門―

陽炎の旗―続・武王の門―

北方謙三/著

825円(税込)

発売日:1995/08/30

書誌情報

読み仮名 カゲロウノハタゾクブオウノモン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-146407-7
C-CODE 0193
整理番号 き-10-7
ジャンル 文芸作品、歴史・時代小説
定価 825円

時は将軍・足利義満の治世。将軍の従弟にあたる剣の達人・来海頼冬は、血筋ゆえに刺客に追われる日々を送っていた。その前に現われた水軍の頭目父子。彼らは、南北の朝廷を超えて日本の〈帝〉たらんとする義満の野望を打ち砕くべく、玄界灘一帯で奇襲と抵抗に明け暮れていた。頼冬はそこに、歴史の光明を見出す。南北朝統一という夢を追った男たちの戦いを描く、『武王の門』続編。

目次
第一章 宿運
第二章 血
第三章 猛き時
第四章 野望の庭
第五章 海の星
第六章 幻
第七章 海のけもの
参考文献
解説 縄田一男

著者プロフィール

北方謙三

キタカタ・ケンゾウ

1947(昭和22)年、佐賀県生れ。中央大学卒業後、1970年に『明るい街へ』でデビュー。1981年の『弔鐘はるかなり』で脚光を浴び、1983年『眠りなき夜』で日本冒険小説協会大賞、吉川英治文学新人賞受賞。1984年に『檻』で日本冒険小説協会大賞、1985年『渇きの街』で日本推理作家協会賞を受賞。平成元年から歴史小説にも挑み、1991年『破軍の星』で柴田錬三郎賞受賞。2006年、『水滸伝』全19巻で司馬遼太郎賞を受賞。2007年、『独り群せず』で舟橋聖一文学賞を受賞。2010年、日本ミステリー文学大賞受賞。2011年、『楊令伝』全15巻で毎日出版文化賞を受賞。2013年、紫綬褒章受章。2016年、「大水滸伝」シリーズ全51巻で菊池寛賞を受賞する。2020年2月現在、壮大なスケールでチンギス・カンの生涯を描く『チンギス紀』を連載中。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

北方謙三
登録
文芸作品
登録
歴史・時代小説
登録

書籍の分類