ホーム > 書籍詳細:魂をなくした男〔上〕

魂をなくした男〔上〕

ブライアン・フリーマントル/著 、戸田裕之/訳

737円(税込)

発売日:2014/12/01

書誌情報

読み仮名 タマシイヲナクシタオトコ1
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-216564-5
C-CODE 0197
整理番号 フ-13-64
ジャンル 文芸作品、ミステリー・サスペンス・ハードボイルド、評論・文学研究
定価 737円

チャーリー・マフィンがイギリスのMI6に銃撃された――? エスピオナージュの白眉。

チャーリー・マフィンはモスクワの空港で妻ナターリヤと娘を英国へ逃がすも、自身は銃撃で負傷、病院に運ばれ当局が尋問を始める。MI6はロシア連邦保安局副長官の亡命に成功するが、彼は息子が合流しないかぎり英政府には何も情報を提供しないと黙秘。MI5の保護下に置かれたナターリヤもまた、チャーリーを連れ戻すまでは、と協力を拒否している。大好評3部作、遂に完結。

著者プロフィール

1936年英サウサンプトン生れ。17歳でロンドンの新聞界に入り、国際関係の記事を専門とするジャーナリストとして活躍。《デイリー・メイル》紙の外報部長を務めた後、小説家デビュー。『消されかけた男』をはじめとする英国情報部員チャーリー・マフィンのシリーズで知られる。さらに米露捜査官コンビ、カウリー&ダニーロフ・シリーズやプロファイリング・シリーズなど作風は幅広い。

戸田裕之

トダ・ヒロユキ

1954年島根県生れ。早稲田大学卒業後、編集者を経て翻訳家に。訳書に、フリーマントル『顔をなくした男』、フォレット『巨人たちの落日』『凍てつく世界』『永遠の始まり』、ミード『雪の狼』、ネスボ『ザ・サン』、アーチャー『15のわけあり小説』『クリフトン年代記』(全7部)『嘘ばっかり』など。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

ブライアン・フリーマントル
登録
戸田裕之
登録
文芸作品
登録
ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
登録
評論・文学研究
登録

書籍の分類