ホーム > 書籍詳細:米中開戦2

米中開戦2

トム・クランシー/著 、マーク・グリーニー/著 、田村源二/訳

693円(税込)

発売日:2014/01/01

書誌情報

読み仮名 ベイチュウカイセン2
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-247254-5
C-CODE 0197
整理番号 ク-28-54
ジャンル 文芸作品、ミステリー・サスペンス・ハードボイルド、評論・文学研究
定価 693円

77万部ベストセラー「日米開戦」から18年。ジャック・ライアン・シリーズ最新作! 緻密なシミュレーションが導き出す世界の危機。国際インテリジェンス巨篇!

謎の敵に封じ込められた〈ザ・キャンパス〉──調査から浮かび上がるのは〈センター〉と呼ばれる人物、あるいは組織。しかも最高度のサイバー諜報技術とサイバー戦遂行能力を有している……。一方、中国はついに軍を動かす。台湾空域を侵犯し、フィリピン・スカボロー礁に戦闘部隊を上陸させたのだ。その目的は何か。迫りつつある米中全面戦争という最悪のシナリオは避けられるのか。

  • 映画化
    エージェント:ライアン(2014年2月公開)

著者プロフィール

(1947-2013)米メリーランド州ボルティモア生れ。保険代理業を営む傍ら9年がかりで執筆した『レッド・オクトーバーを追え』で、1984年一躍ベストセラー作家になる。豊富で該博な知識と詳細なデータをもとに現代戦の実相を描き、ハイテク軍事スリラーの元祖となった。主な著書に『叛逆指令』『レインボー・シックス』『国際テロ』『最終謀略』『デッド・オア・アライヴ』『ライアンの代価』『テロリストの回廊』など多数。

1968年テネシー州メンフィス生れ。メンフィス大学卒業。2009年、デビュー作『暗殺者グレイマン』が世界的ベストセラーとなる。2011年からはトム・クランシーのジャック・ライアン・シリーズを共著者として手掛け、クランシー没後、『米朝開戦』以降、同シリーズを書き継いできた。

田村源二

タムラ・ゲンジ

1947年東京生れ。クランシーのジャック・ライアン・シリーズのほか、ボチコ『デス・バイ・ハリウッド』やフォードの文学刑事サーズデイ・ネクストシリーズなど訳書多数。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

トム・クランシー
登録
マーク・グリーニー
登録
田村源二
登録
文芸作品
登録
ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
登録
評論・文学研究
登録

書籍の分類