ホーム > 書籍詳細:日本の子ども60年

日本の子ども60年

社団法人日本写真家協会/編 、重松清/解説

3,520円(税込)

発売日:2005/12/16

書誌情報

読み仮名 ニホンノコドモロクジュウネン
発行形態 書籍
判型 B5判変型
頁数 206ページ
ISBN 978-4-10-300551-3
C-CODE 0072
ジャンル 文学賞受賞作家、日本史、写真集・写真家、画家・写真家・建築家、暮らし・健康・料理
定価 3,520円

厳選204点の写真でつづるビジュアルな戦後史。永久保存版、豪華写真集!

撮影=土門拳、木村伊兵衛から写真愛好家まで、全148名。被写体=戦後60年間、日本全国の子どもたち! 日本写真家協会が、2年の歳月を費やし、日本中の写真家2万点以上の作品のなかから選びぬいた写真で構成。戦後の荒廃、高度経済成長、バブル崩壊……それぞれの時代を生きた子どもたちの姿から、日本の戦後60年をたどる。

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

著者プロフィール

社団法人日本写真家協会

シャダンホウジンニホンシャシンカキョウカイ

重松清

シゲマツ・キヨシ

1963(昭和38)年、岡山県生れ。出版社勤務を経て執筆活動に入る。1991(平成3)年『ビフォア・ラン』でデビュー。1999年『ナイフ』で坪田譲治文学賞、同年『エイジ』で山本周五郎賞を受賞。2001年『ビタミンF』で直木賞、2010年『十字架』で吉川英治文学賞、2014年『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞を受賞。現代の家族を描くことを大きなテーマとし、話題作を次々に発表している。著書は他に、『流星ワゴン』『疾走』『その日のまえに』『きみの友だち』『カシオペアの丘で』『青い鳥』『くちぶえ番長』『せんせい。』『とんび』『ステップ』『かあちゃん』『ポニーテール』『また次の春へ』『赤ヘル1975』『一人っ子同盟』『どんまい』『木曜日の子ども』『ひこばえ』など多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

社団法人日本写真家協会
登録
重松清
登録
文学賞受賞作家
登録
日本史
登録
写真集・写真家
登録
画家・写真家・建築家
登録

書籍の分類