ホーム > 書籍詳細:人生が用意するもの

人生が用意するもの

川上未映子/著

1,430円(税込)

発売日:2012/08/31

書誌情報

読み仮名 ジンセイガヨウイスルモノ
雑誌から生まれた本 週刊新潮から生まれた本
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判
頁数 223ページ
ISBN 978-4-10-325623-6
C-CODE 0095
ジャンル エッセー・随筆、文学賞受賞作家
定価 1,430円
電子書籍 価格 1,144円
電子書籍 配信開始日 2013/02/08

ヨロコビも怒りも、震災も妊娠も、笑いも平安も、静かに忍び寄ってくるから。

「世界のみんなが気になるところ」を論じ、あの三月の記憶を語り、日常の落し穴に微苦笑しながら、人生のきらめく欠片を掬い取る。いま最も注目される作家が、奔放自在・融通無碍・愛嬌満点な感性と日本語を駆使して、読者の意表を突きまくる最新エッセイ六十余篇。日本経済新聞&週刊新潮好評連載、待望の単行本化。

目次
1 世界のみんなが気になるところ
世界のみんなが気になるところ
おまえにその資格はない
眠りの効用
求む、凄玉
いつものかたちじゃなくなってる
耳の穴の快感
一生モノと言われると
一生モノと言われると2
妊婦のゆううつ
明日も生きていかねばならないのだから
ふしぎなお墨つきパワー
母の資格
開封のゆううつ
足クロスのゆううつ
失われたガッツを求めて
2 3月の記憶
それぞれの感受とゆううつの場所で
我々を襲う緩慢ななにか
ひとりでに洗練されてゆくうわさ
デキる人はいないのですか
自戒をこめて、願うこと
唯一無二の束ね力
引き裂かれてあるような
求む、そろそろ決定打
そっと思いやる気持ち
奇妙だった7月の
デモであれこれ
デモであれこれ2
3月はいまもつづく
3月の記憶
3 人生が用意するもの
胸をうつのは一生懸命
走ってるときに足はない
誰にも見えない発行部数
たとえルールがわからなくても
人生は極限を競うレースではない
人生が用意するもの
トイレはそっと、して欲しい
勘弁してつかぁさい
人はかくも逞しく
届いても、届かなくても
作家の憤怒
難局をいかに乗り越えるべきか
彼は知らない人だった
春と過去の、かさなるところ
夢みる人を支えているのは
33歳の誕生日、2009
わたしの為に生まれてきたんじゃないなら、2011
4 ラズノグラーシエごっこ
鮭の皮の彼女
ぶつかるまえからお庭に敗れて
いつかポスターを剥がす日
永遠に点滅する個人
ラズノグラーシエごっこ
悲しき無根拠
クレーマーを支える力
報告がとても大事
意表を突かれるのはお好き?
日常だもの、人間だもの
ノズルに手こずる
昔の先生、やばかった
あの日、言葉の大海原に
うわさのキラキラネームなど
夢を見たの、ゆうべね
イノセンスよ、永遠に(むりむり)
運と縁のわたしたち
僕の理想のお母さん
すべてはあの謎にむかって
あとがき

著者プロフィール

川上未映子

カワカミ・ミエコ

1976(昭和51)年、大阪府生れ。2007(平成19)年、デビュー小説『わたくし率 イン 歯ー、または世界』が第137回芥川賞候補に。同年第1回坪内逍遥大賞奨励賞受賞、2008年『乳と卵』で第138回芥川賞受賞。『ヘヴン』(芸術選奨文部科学大臣新人賞、紫式部文学賞)、短編集『愛の夢とか』(谷崎潤一郎賞)、『あこがれ』(渡辺淳一賞)など著書多数。長編小説『夏物語』(毎日出版文化賞)は世界10数か国で翻訳出版の予定。

判型違い(文庫)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

川上未映子
登録
エッセー・随筆
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類