ホーム > 書籍詳細:恐慌と戦争―経済哲学の誕生―

恐慌と戦争―経済哲学の誕生―

辻泰彦/著

6,050円(税込)

発売日:2021/04/28

書誌情報

読み仮名 キョウコウトセンソウケイザイテツガクノタンジョウ
装幀 新潮社装幀室/装幀
発行形態 新潮社図書編集室
判型 A5判
頁数 711ページ
ISBN 978-4-10-910148-6
C-CODE 0033
ジャンル 音楽
定価 6,050円

「第二の資本論」誕生!

日本人が重厚な古典との真剣な格闘を忘れて軽薄な流行思想をもてあそんだ結果、日本の政治は哲学的信念を失った。これこそが現在の日本の政治的混迷の原因である。今こそ古典の世界に帰らなくてはならない。

著者プロフィール

辻泰彦

ツジ・ヤスヒコ

1945年、和歌山市生まれ。和歌山大学経済学部及び大学院修士課程修了。経済学修士。経済哲学専攻。不動産賃貸業。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

辻泰彦
登録

書籍の分類