ホーム > 書籍詳細:コロナ禍で未来対策が変わる―パンデミックと自然災害対策―

コロナ禍で未来対策が変わる―パンデミックと自然災害対策―

安田千惠子/著

1,100円(税込)

発売日:2020/12/15

書誌情報

読み仮名 コロナカデミライタイサクガカワルパンデミックトシゼンサイガイタイサク
装幀 新潮社装幀室/装幀
発行形態 新潮社図書編集室
判型 新書判
頁数 206ページ
ISBN 978-4-10-910186-8
C-CODE 0095
ジャンル 政治・社会、ノンフィクション
定価 1,100円

「国会議員の選び方を変えて男女半々にする」ことから始めてはどうか。

「社会のことを上から見ていたのでは、物事の表面しか見えず、その本質はわかりません。一番下の部分、つまり底辺に立って上を見上げると、社会の矛盾や問題点がはっきりわかり、すき間から光がさし込んでいるのが見え、解決策の方向性が見えてきます」(「はじめに」より)。

著者プロフィール

安田千惠子

ヤスダ・チエコ

社会評論家。1934年東京に生まれる。青山学院大学文学部英米文学科卒業。運輸省通訳案内業(ガイド)免許を持つ国際派。旧安田財閥一族。著書『なぜ、日本人は誤解されるか 低い視点から――国際化と日本人』『現代日本社会のひずみ――低い視点から』『弱者に優しい世界へ』『男の世紀は終った――西洋と日本との差』『破滅型高齢社会からの離脱――外国でのホームステイから見える日本と老後』『医療・教育・経済をどう変えるか』『人生の最後をどう終えるか』『未来へ向かってどう進むか』。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

安田千惠子
登録

書籍の分類