ホーム > 書籍詳細:「スイス諜報網」の日米終戦工作―ポツダム宣言はなぜ受けいれられたか―(新潮選書)

1945年夏、人知れず日本を壊滅から救ったインテリジェンスの男たちがいた。

「スイス諜報網」の日米終戦工作―ポツダム宣言はなぜ受けいれられたか―(新潮選書)

有馬哲夫/著

1,232円(希望小売価格)

本の仕様

配信開始日:2015/12/11

読み仮名 スイスチョウホウモウノニチベイシュウセンコウサクポツダムセンゲンハナゼウケイレラレタカシンチョウセンショ
発行形態 電子書籍
電子書籍 価格 1,232円
電子書籍 配信開始日 2015/12/11

「無条件降伏」以外譲ろうとしない米国、「国体護持」が認められなければ徹底抗戦しかないとする日本、両者相容れぬ緊張状態の中、在スイスの米OSS支局長アレン・ダレスの下で、とある諜報網が作られた。日本の陸・海軍武官、公使、国際決済銀行のスウェーデン人、亡命ドイツ武器商人……両政府の間を取り持ち暗躍する陰の主役達を描く。※新潮選書版に掲載の写真は、電子版には収録しておりません。

「スイス諜報網」の日米終戦工作―ポツダム宣言はなぜ受けいれられたか―(新潮選書)

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!