第1回本屋大賞受賞作品をドラマCD化
八〇分で聴く、静かで、美しい、愛の物語。《僕の記憶は80分しかもたない》博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた――
新潮社ではこの6月30日に、「ラジオドラマCD 博士の愛した数式」を刊行することになりました。音源は、本年3月19日にMBSラジオ、3月25日にTBSラジオで放送されたラジオドラマ「博士の愛した数式」を再編集したもの。従来新潮社が刊行するCDは基本的に一人語りの「朗読CD」ですが、ご存知の通り、少年と博士が打ち解けるきっかけになった「ラジオ」が重要な役割を果たすこの物語だからこそ、ラジオドラマの形式にこだわり、ラジオ番組として制作した作品をCD化したものです。
ラジオドラマCDの特色
Point ( 1 )

キャストは「博士」役に柄本明、
「私」役に中嶋朋子

特に博士役の柄本さんの声の調子は、ラジオオンエア時に、「これほど博士らしい博士はいない」と多くのリスナーからお褒めの言葉を頂戴した「名人芸」となっています。
Point ( 2 )

収録時間は約80分

「80分しか記憶がもたない」エピソードにあわせて収録時間は約80分。読書が苦手という方にも気軽にお楽しみいただける手軽さです。

Point ( 3 )

本物のタイガース中継を収録

MBSの音源を使った本物のタイガース中継を随所に盛り込むなど作品の持つ魅力を十分に引き出す工夫を凝らしております。
Point ( 4 )

税抜き価格980円

「新潮CD」の朗読CDの場合、1枚2000円前後の定価となるのですが、今回は、より多くの皆様に聞いていただくため、破格の価格設定とさせていただきました。



原作:小川洋子さんの解説


 老数学者と十歳の少年を結びつけるために、この小説には野球が必要だ、と思いついた時すぐさま、彼ら二人が肩を寄せ合い、ラジオにじっと耳を澄ませている情景が浮かんできた。
 静かな食堂に流れる、野球の実況放送。タイガースが得点を入れ、わき上がる歓声。顔を見合わせ、微笑を交わす博士とルート少年。そんなささやかな瞬間に、かけがえのない喜びを見出す家政婦さん……。
 彼らの心が触れ合う場面で、きっとラジオが大事な役割を果たしてくれるに違いないと確信した。ラジオドラマ化のお話をいただき、迷わず了承の返事をしたのは、この小説とラジオが密接な関係にあると、分かっていたからなのだ。
 博士と、家政婦さんと、ルート君の声が聞こえてきた時、懐かしい気持になった。小説を書いている間、ひとときも離れず私の胸にあった登場人物たちの体温が、よみがえってきたからだ。
 自分の書いた一冊の本が、新しい出会いを経て、こうしてまた別の姿に生まれ変わった。「博士の愛した数式」は、本当に幸運な小説である。
 最後に、うれしかったことをもう一つ。私の大好きな八木裕さん、亀山つとむさんと、このような形でご一緒でき、作家としてだけでなく、タイガースファンとして、大きな充実感に包まれている。
キャスト
脚色:倉持裕 音源提供:MBS毎日放送 挿画:戸田ノブコ 装幀:新潮社装幀室
出演者:柄本明(博士)、中嶋朋子(私)、武井証(ルート)、草村礼子(義理の姉)、若杉宏二(組合長)、木下政治(店員)、大地泰仁(成長したルート)、八木裕(野球場のおじさん)、亀山つとむ(亀山と叫ぶ男)、水野晶子(球場アナウンス)
購入
博士の愛した数式
小川洋子/原作、柄本明/出演、中嶋朋子/出演、武井証/出演、ほか

《僕の記憶は80分しかもたない》博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた――記憶力を失った博士にとって、私は常に“新しい”家政婦。博士は“初対面”の私に、靴のサイズや誕生日を尋ねた。数字が博士の言葉だった。やがて私の10歳の息子が加わり、ぎごちない日々は驚きと歓びに満ちたものに変わった。あまりに悲しく暖かい、奇跡の愛の物語。MBS毎日放送製作のラジオドラマをCD化!

ISBN:978-4-10-830183-2 発売日:2006/06/30

おすすめの一冊 文学賞

1,008円(価格) 購入
プロフィール
登録
小川洋子 オガワ・ヨウコ

1962(昭和37)年、岡山県生れ。早稲田大学第一文学部卒。1988年「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞を受賞。1991(平成3)年「妊娠カレンダー」で芥川賞受賞。主な著書に『ホテル・アイリス』『沈黙博物館』『アンネ・フランクの記憶』『薬指の標本』『夜明けの縁をさ迷う人々』『猫を抱いて象と泳ぐ』『琥珀のまたたき』等。2004年『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞を受賞。『ブラフマンの埋葬』で泉鏡花文学賞、2006年『ミーナの行進』で谷崎潤一郎賞、2013年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。翻訳された作品も多く、海外での評価も高い。

登録
柄本明 エモト・アキラ

1948(昭和23)年東京都生れ。「自由劇場」を経て「劇団東京乾電池」を結成。以後、個性派俳優としてテレビ、映画、舞台で幅広く活躍。1998(平成10)年、映画「カンゾー先生」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞はじめ各賞を受賞。最近では、1993(平成5)年より上演を続けるひとり芝居「煙草の害について」や、映画「蝉しぐれ」、TVドラマ「ハルとナツ~届かなかった手紙」、「功名が辻」ほか。

登録
中嶋朋子 ナカジマ・トモコ

1971(昭和46)年東京都生れ。1981(昭和56)年TVドラマ「北の国から」の蛍役で本格的にデビュー。以来、1994(平成6)「適齢期」、2001(平成13)年「ロケットボーイ」などのTVドラマをはじめ、1990(平成2)年映画「つぐみ」、1991(平成3)年「ふたり」などに出演。舞台・CMでも活躍中。

登録
倉持裕 クラモチ・ユタカ

1972(昭和47)年、神奈川県生れ。劇団「ペンギンプルペイルパイルズ」を主宰し、戯曲「ワンマン・ショー」では第48回岸田戯曲賞を受賞。映画脚本やコラムなどでも精力的に活動。各方面から注目される若手劇作家である。

小川洋子さんの関連書籍
  • 書籍(単行本)



    博士の愛した数式

    彼のことを、私と息子は博士と呼んだ。そして博士は息子を、ルートと呼んだ。ルート記号の中に数字をはめ込むとどんな魔法が掛かるか、三人で試した日のことはよく覚えている――。記憶を失った天才数学者と幼い息子を抱えて働く私の出会いと幸福な一年。小説の奇跡とも言える、上質でせつなく知的な、至高のラブ・ストーリー。

    ISBN:978-4-10-401303-6  C-CODE:0093  発売日:2003/08/29

    1,620円(定価) 購入



    タイトルへ戻る
  • 新潮文庫

    生きるとは、自分の物語をつくること

    人々の悩みに寄り添い、個人の物語に耳を澄まし続けた臨床心理学者と、静謐でひそやかな小説世界を紡ぎ続ける作家。二人が出会った時、『博士の愛した数式』の主人公たちのように、「魂のルート」が開かれた。子供の力、ホラ話の効能、箱庭のこと、偶然について、原罪と原悲、個人の物語の発見……。それぞれの「物語の魂」が温かく響き合う、奇跡のような河合隼雄の最後の対話。

    ISBN:978-4-10-121526-6  C-CODE:0195  発売日:2011/03/01

    432円(定価) 購入


    博士の本棚

    図書室で夢中になった『秘密の花園』『小公子』、でも本が無い家だったので愛読書はなんと『家庭の医学』だった。13歳で出会った『アンネの日記』に触発されて作家を志す。オースター、ブローティガン、内田百けん、村上春樹……本への愛情がひしひしと伝わるエッセイ集。思わぬ出会いをたくさんもたらしてくれた『博士の愛した数式』誕生秘話や、愛犬の尻尾にふと白毛を見つけた感慨なども。

    ISBN:978-4-10-121525-9  C-CODE:0195  発売日:2010/01/01

    594円(定価) 購入



    恋人の家を訪ねた青年が、海からの風が吹いて初めて鳴る〈鳴鱗琴(メイリンキン)〉について、一晩彼女の弟と語り合う表題作、言葉を失った少女と孤独なドアマンの交流を綴る「ひよこトラック」、思い出に題名をつけるという老人と観光ガイドの少年の話「ガイド」など、静謐で妖しくちょっと奇妙な七編。「今は失われてしまった何か」をずっと見続ける小川洋子の真髄。著者インタビューを併録。

    ISBN:978-4-10-121524-2  C-CODE:0193  発売日:2009/03/01

    464円(定価) 購入


    博士の愛した数式

    [ぼくの記憶は80分しかもたない]博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた──記憶力を失った博士にとって、私は常に“新しい”家政婦。博士は“初対面”の私に、靴のサイズや誕生日を尋ねた。数字が博士の言葉だった。やがて私の10歳の息子が加わり、ぎこちない日々は驚きと歓びに満ちたものに変わった。あまりに悲しく暖かい、奇跡の愛の物語。第1回本屋大賞受賞。

    ISBN:978-4-10-121523-5  C-CODE:0193  発売日:2005/12/01

    594円(定価) 購入


    まぶた

    15歳のわたしは、高級レストランの裏手で出会った中年男と、不釣合いな逢瀬を重ねている。男の部屋でいつも感じる奇妙な視線の持ち主は?──「まぶた」。母のお気に入りの弟は背泳ぎの強化選手だったが、ある日突然左腕が耳に沿って伸ばした格好で固まってしまった──「バックストローク」など、現実と悪夢の間を揺れ動く不思議なリアリティで、読者の心をつかんで離さない8編を収録。

    ISBN:978-4-10-121522-8  C-CODE:0193  発売日:2004/11/01

    497円(定価) 購入


    薬指の標本

    楽譜に書かれた音、愛鳥の骨、火傷の傷跡……。人々が思い出の品々を持ち込む〔標本室〕で働いているわたしは、ある日標本技術士に素敵な靴をプレゼントされた。「毎日その靴をはいてほしい。とにかくずっとだ。いいね」靴はあまりにも足にぴったりで、そしてわたしは……。奇妙な、そしてあまりにもひそやかなふたりの愛。恋愛の痛みと恍惚を透明感漂う文章で描いた珠玉の二篇。

    ISBN:978-4-10-121521-1  C-CODE:0193  発売日:1998/01/01

    464円(定価) 購入



    タイトルへ戻る