プレゼント

芸術新潮 プレゼント【2】
「印象派からその先へ―
世界に誇る吉野石膏コレクション展」のチケット

芸術新潮 2019年10月号
今月のプレゼント【2】

「印象派からその先へ―世界に誇る吉野石膏コレクション展」のチケットを5組10名様にプレゼント!

Image
ピエール=オーギュスト・ルノワール《シュザンヌ・アダン嬢の肖像》 1887年 パステル、紙 61.0×49.2cm 吉野石膏コレクション
Image
クロード・モネ《睡蓮》 1906 年 油彩、カンヴァス 81.0×92.0cm 吉野石膏コレクション
Image
ワシリー・カンディンスキー《結びつける緑》 1926年 油彩、カンヴァス 84.0×57.5cm 吉野石膏コレクション

ルノワール、モネ、ピカソ、シャガールなど、日本有数のフランス近代絵画コレクションとして知られる「吉野石膏コレクション」。石膏ボードなどの建材メーカーである「吉野石膏株式会社」が1970~80年代から収集したもので、その多くは創業の地・山形県の山形美術館に寄託され、一部が常設展示されています。同コレクションから選りすぐりの28作家・72作品を紹介する初めての本格的な展覧会が、名古屋、神戸(いずれも終了)に続き、このたび東京で開催されます。19世紀半ばのミレー、コローらバルビゾン派にはじまり、クールベ、マネ、そしてモネ、ルノワール、ピサロ、ドガ、シスレーらの印象派を中心に優品が揃います。さらに、セザンヌやゴッホなどポスト印象派、ボナールのナビ派、マティスらフォーヴィスム、ピカソ、ブラックのキュビスム、カンディンスキーの抽象絵画、シャガールやユトリロらエコール・ド・パリの作品群まで、20世紀前半にかけての前衛芸術の流れを網羅。近代美術モダンアートのエッセンスを一度に味わえる展覧会をお楽しみください。

以下の応募フォームにてご応募ください。
チケットの発送をもって当選者の発表に代えさせていただきます。

プレゼント番号【2】
「印象派からその先へ―世界に誇る吉野石膏コレクション展

[会場]三菱一号館美術館
[会期]10月30日~2020年1月20日
[休館日]月曜(ただし祝日・振替休日の場合、および1月20日、トークフリーデーの11月25日と12月30日は開館)、12月31日、1月1日
[開館時間]10:00~18:00 (1月3日を除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は~21:00)
 ※いずれも入館は閉館の30分前まで
[問合せ]03-5777-8600(ハローダイヤル)
[詳細] https://mimt.jp/ygc/
[応募締切]10月24日(木)

関連リンク

雑誌紹介