プレゼント

芸術新潮プレゼント【3】
「頴川コレクション 梅舒適コレクション 受贈記念展」の
チケット

芸術新潮 2021年5月号
今月のプレゼント【3】

頴川えがわコレクション 梅舒適ばいじょてきコレクション 受贈記念展」のチケットを5組10名様にプレゼント!

Image
長次郎《赤楽茶碗 銘 無一物》 桃山時代(16世紀) 高8.6cm 重要文化財 兵庫県立美術館蔵(頴川コレクション) ※通期展示
Image
長沢蘆雪《月夜山水図》 江戸時代(18世紀) 絹本墨画 98.0×35.5cm 重要美術品 兵庫県立美術館蔵(頴川コレクション) ※6月1日から展示
Image
呉昌碩(ごしょうせき)《紅梅図》 中華民国6年(1917) 紙本着色 151.3×40.8cm 兵庫県立美術館蔵(梅舒適コレクション) ※6月1日から展示

 2019年に兵庫県が受贈した2つの美術コレクションを披露する記念展が、兵庫県立美術館で開催されています。大阪の実業家・頴川德助(1899~1976)が蒐集した「頴川コレクション」は、《阿弥陀曼荼羅図》(6月1日から展示)や、伝能阿弥筆《三保松原図》(5月30日まで展示)、長沢蘆雪《月夜山水図》をはじめとする中世・近世の日本絵画の優品に、長次郎赤楽茶碗の代表作《無一物》などの茶道具類、南画等を広く集めたものです。旧・頴川美術館(西宮市)に受け継がれていたコレクションから重要文化財4件、重要美術品4件を含む約250件が県に寄贈され、改めて広く公開されることとなりました。そして、日本を代表する篆刻家・梅舒適(本名:稲田文一、1916~2008)による書画篆刻作品と、彼が蒐集した中国近世・近代の書画、文房具や典籍からなる「梅舒適コレクション」もお披露目。本展では、詩・書・画・篆刻に精通し、近代中国で最も優れた芸術家として日中の書画家に尊崇される呉昌碩(1844~1927)の作品を中心に展示します。
「芸術新潮」5月号では、武者小路千家家元後嗣・千 宗屋さんによる本誌連載「千 宗屋の飲みたい茶椀、点てたい茶碗」で、本展出品の《無一物》を撮り下ろし写真で紹介しています。5月23日には同館で同氏による記念講演会「無一物、三保の松原図に見る日本中世の美」も開催予定(往復はがきによる事前申込制、4月30日締切。詳細は美術館HPにて)。本展とあわせてぜひお楽しみ下さい。

以下の応募フォームにてご応募下さい。
チケットの発送をもって当選者の発表に代えさせていただきます。

プレゼント番号【3】
2021年コレクション展I〈小企画〉
「頴川コレクション 梅舒適コレクション 受贈記念展」

[会場]兵庫県立美術館2階 常設展示室6
[会期]春季展示:4月24日~5月30日、夏季展示:6月1日~7月4日
[休館日]月曜(ただし5月3日は開館)、5月6日
[開館時間]10:00~18:00(特別展開催中の金・土曜は~20:00)
 ※いずれも入場は閉館の30分前まで
[問合せ]078-262-1011
[詳細] https://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/j_2102/egawa.html
[応募締切]5月24日(月)

※当選者への招待券の発送は5月末を予定しております。春季展示終了後のお届けとなりますので、ご了承の上ご応募下さい。
※展覧会の会期等は変更になる可能性があります。美術館HP等で最新情報をご確認の上お出かけ下さい。

関連リンク

雑誌紹介