お知らせ

芸術新潮プレゼント【2】
「伊藤潤二展 誘惑」(東京)のチケット

芸術新潮 2024年4月号
今月のプレゼント【2】

「伊藤潤二展 誘惑」(東京)のチケットを5組10名様にプレゼント!

Image
《富江の世界》 2023年 ©ジェイアイ/朝日新聞出版
Image
《禍々しき桐絵》 2023年 ©伊藤潤二/小学館
Image
《富江》 2000年 ©ジェイアイ/朝日新聞出版
Image
《うずまき》 2010年 ©伊藤潤二/小学館

 細密かつ美麗な線描と大胆な物語構成で、美しくもグロテスクな、独創性あふれるホラー漫画を描き続けてきた伊藤潤二(1963年生れ)の、初の大規模個展が開催されます。岐阜県に生まれ、歯科技工士として働いていた伊藤は、雑誌「月刊ハロウィン」に初投稿した『富江』でデビューを果たして以来、『首吊り気球』『死びとの恋わずらい』『うずまき』などの作品を発表し、国内外の読者から絶大な支持を得てきました。また、Best Writer/Artist部門をはじめとして、これまで「漫画のアカデミー賞」とも呼ばれるアイズナー賞を4度も受賞しています。本展では『富江』『うずまき』『死びとの恋わずらい』『双一』などのシリーズ作品のほか、『首吊り気球』『伊藤潤二の猫日記よん&むー』『溶解教室』などの自筆原画が一挙にならび、本展のために描きおろした新作も公開されます。昨年には、動画配信サイトNetflixで伊藤の作品がアニメ化され、配信されるなど、さまざまに注目を集めるホラー漫画の鬼才・伊藤の、恐ろしくもユーモラスな怪奇ワールドを、この機会にどうぞお楽しみ下さい。

以下の応募フォームにてご応募下さい。
チケットの発送をもって当選者の発表に代えさせていただきます。

プレゼント番号【2】
「伊藤潤二展 誘惑」

[会場]東京・世田谷文学館
 巡回⇒兵庫・市立伊丹ミュージアム10月~12月(予定) 以後、全国を巡回予定
[会期]4月27日~9月1日
[休館日]月曜(ただし、4月29日、5月6日、7月15日、8月12日は開館し、翌平日休館)
[開館時間]10:00~18:00 ※入場およびミュージアムショップは閉館の30分前まで
[問合せ]03-5374-9111
[詳細]東京会場・世田谷文学館HP  https://www.setabun.or.jp/
 巡回情報・公式HP  https://jhorrorpj.exhibit.jp/jiee/
[応募締切]4月24日(水)
※プレゼントは東京展のチケットです。
※展覧会の会期等は変更になる可能性があります。美術館HPで最新情報をご確認の上お出かけ下さい。

関連リンク

雑誌紹介