2013年11月29日 |
[作品紹介]畠中恵『やなりいなり』(文庫)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


判型 : 新潮文庫
ISBN : 978-4-10-146130-4
整理番号 : は-37-10
発売日 : 2013/12/01
定価 : 594円

購入

「しゃばけ」シリーズ累計600万部突破! 若だんな、どうぞたっぷり召し上がれ! 記念すべき第10作。

偶然みかけた美しい娘に、いつになく心をときめかせる若だんな。近頃日本橋通町では、恋の病が流行しているらしい。異変はそれだけに止まらず、禍をもたらす神々が連日長崎屋を訪れるようになって……。恋をめぐる不思議な騒動のほか、藤兵衛旦那の行方不明事件など、五つの物語を収録。妖たちが大好きな食べものの“れしぴ”も付いて、美味しく愉快な「しゃばけ」シリーズ第10作!


【目次】

こいしくて
やなりいなり
からかみなり
長崎屋のたまご
あましょう

 福田浩×畠中恵 対談
 若だんなの朝ごはん――とうふづくし
挿絵 柴田ゆう
火事で焼けてしまった旧長崎屋と新しく完成した長崎屋を大公開! 謎につつまれていた2階の様子も見れます。
パソコンやケータイ、iPhone/iPad用の壁紙や幻の傑作イラストをプリントして塗り絵としてもを楽しめます。
畠中恵さんの対談やインタビューなどを読むことができます。しゃばけシリーズの立ち読みや書評もご覧頂けます。
しゃばけシリーズの刊行情報やイベント情報、オリジナルグッズ、そして公式サイトの特典情報などをお知らせするメールマガジンです。

しゃばけメールマガジンを購読する
新潮社で刊行される畠中恵さんの新刊情報をいち早くお知らせします。

新刊お知らせメールに登録する
鳴家たちがみなさまのお声を承ります。ご意見・ご感想をお待ちしております。

メッセージを送る