2013年11月29日 |
記念すべき第10弾『やなりいなり』が文庫で登場!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さま、ごぶさたしております。文庫女中のおしまでございます。

そろそろ師走。年賀状の準備や、忘年会の計画などで、てんてこまいの日々がやってきますね。でも「しゃばけ」ファンの皆さまなら、毎年この季節は、「しゃばけ」シリーズの文庫新刊が発売されるころ、と覚えてくださっているはず!

そうです、今回はシリーズ第10作目『やなりいなり』が文庫で登場いたします。

記念すべきシリーズ10弾の本作に共通するテーマは、ずばり「料理
作中には、鳴家の顔があしらわれたおいなりさんをはじめ、揚出し芋や小豆粥などのおいしそうなお料理がたくさん登場します。食いしん坊のおしまは、読みながらおなかを鳴らしておりました。

巻末には、戯作者の畠屋さんと、江戸料理研究家の福田浩さんによる、江戸料理をめぐる対談も収録しているので、ぜひ読んでみてくださいね! 福田さんが「若だんなの朝ごはん」をテーマに、若だんなの好物である田楽などの豆腐料理を作ってくれています。おしまも食べてみたいなあ。

そして皆さまお待ちかね、今回の「しゃばけ祭り」のプレゼントは何かと申しますと……。

こちら、「しゃばけ特製 お弁当ふろしき」です!
プレゼントも、「料理」というテーマに絡めてみたんですよ。


※写真は使用イメージです。プレゼントに弁当箱は含まれません。
※ふろしきのデザインは変更になる場合があります。


江戸情緒満点の色使いのなかに、元気な鳴家がジャンプ。
かわいくて素敵なデザインでしょ?

布を表裏に二枚張り合わせた高級感たっぷりの作りに、大きめのサイズがとっても使いやすいんです。お弁当つつみにはもちろんですが、テーブルに広げたり、額に入れて壁にかざったりと、インテリアのように使ってもオシャレです。


※ふろしきのデザインは変更になる場合があります。

この「お弁当ふろしき」を、今回は1000名の方にプレゼントいたします!

『やなりいなり』オビについたプレゼントマークを貼ったはがきに、戯作者畠屋さん&絵師柴田さんへのメッセージを書いて、どしどしご応募くださいませ。

締め切りは2014年1月17日(当日消印有効)

冬の寒さを吹き飛ばしてくれるような、皆さまの熱きメッセージを、お待ちしております!
火事で焼けてしまった旧長崎屋と新しく完成した長崎屋を大公開! 謎につつまれていた2階の様子も見れます。
パソコンやケータイ、iPhone/iPad用の壁紙や幻の傑作イラストをプリントして塗り絵としてもを楽しめます。
畠中恵さんの対談やインタビューなどを読むことができます。しゃばけシリーズの立ち読みや書評もご覧頂けます。
しゃばけシリーズの刊行情報やイベント情報、オリジナルグッズ、そして公式サイトの特典情報などをお知らせするメールマガジンです。

しゃばけメールマガジンを購読する
新潮社で刊行される畠中恵さんの新刊情報をいち早くお知らせします。

新刊お知らせメールに登録する
鳴家たちがみなさまのお声を承ります。ご意見・ご感想をお待ちしております。

メッセージを送る