2013年12月13日 |
日本ファンタジーノベル大賞の授賞式がありました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。
バーチャル長崎屋の女中あゆぞうでございます。
いろいろな感染症が流行っているようですが、お元気でお過ごしでしょうか?

あゆぞうは、暖房の風が苦手なんですよ……。
しかし小さいムスメがいますので、そうも言っていられず、少しの暖房&加湿器で、凌いでおります。オイルヒーター、もう一台買おうかしら……。

さて、先日、畠中先生も授賞された「日本ファンタジーノベル大賞」第25回の授賞式&パーティーが都内で執り行われました。

今年は、いつにも増して歴代受賞者の皆さまもたくさんお越しくださいまして、とても盛り上がりました。

大賞受賞の古谷田さん、優秀賞受賞の冴崎さん共に緊張されながらも、ステキなスピーチをされていましたよ。

「クラブ関東」という会場だったのですが、夜景が実に美しくて、萩尾望都先生と一緒にほれぼれと東京タワーを眺めておりました。

大賞は『星の民のクリスマス優秀賞は『忘れ村のイェンと深海の犬というタイトルで発売中です。どうぞよろしくお願いいたします!


内容紹介:古谷田奈月『星の民のクリスマス
クリスマスイブの夜、最愛の娘が家出した。どこに? 六年前、父親が贈った童話の中に。娘を探すため、父は小説世界へと入り込む。しかしそこは、自らが作り上げた世界と何かが決定的に違っていた……。人は、どうして物語を読むのだろうか? その答えがほんの少し見えてくる、残酷で愛に満ちたファンタスティックな冒険譚。


内容紹介:冴崎伸『忘れ村のイェンと深海の犬
貧しいホロー村の少女・イェンが拾った、深海の犬(シェール)。可愛さと凶暴さを併せもつ一匹の不思議な生物により、村は多大な苦難に襲われてしまう。故郷を救うべく、シェールと一緒に目指した都で偶然、国の王子と知り合いになったイェンたち。援軍とともに村に戻った彼女らを待ち受けていたのは、命を懸けた怪物との壮絶な戦いだった。
火事で焼けてしまった旧長崎屋と新しく完成した長崎屋を大公開! 謎につつまれていた2階の様子も見れます。
パソコンやケータイ、iPhone/iPad用の壁紙や幻の傑作イラストをプリントして塗り絵としてもを楽しめます。
畠中恵さんの対談やインタビューなどを読むことができます。しゃばけシリーズの立ち読みや書評もご覧頂けます。
しゃばけシリーズの刊行情報やイベント情報、オリジナルグッズ、そして公式サイトの特典情報などをお知らせするメールマガジンです。

しゃばけメールマガジンを購読する
新潮社で刊行される畠中恵さんの新刊情報をいち早くお知らせします。

新刊お知らせメールに登録する
鳴家たちがみなさまのお声を承ります。ご意見・ご感想をお待ちしております。

メッセージを送る