ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:yom yom > 雑誌詳細:yom yom vol.58 2019年10月号

お父さんを自分で殺した、と言った時のくみ子さんがとてもきれいだったからです(誌面のことば――寺地はるな「ここにない希望」より)

yom yom vol.58 2019年10月号

(隔月1、3、5、7、9、11月第三金曜日発行)

770円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2019/09/20

発売日 2019/09/20
JANコード F80332
価格 770円(税込)
◆SPECIAL ARTICLE
遂に日本上陸!
PRODUCE 101はなぜ世界的成功を収めたのか
[尹 秀姫]

Wanna One、IZ*ONEを生んだプデュの魅力を解説。

史上初日韓男性デュオ
JBJ95 来日記念インタビュー
 取材/文:尹 秀姫 写真:泉山美代子
――振り返ると、すべてが運命だった。

神田松之丞
「絶滅危惧職、講談師を生きる 番外編」
 聞き手:杉江松恋
来年に真打昇進&伯山襲名を控え、想うことは――。

「十二国記」新作書下ろし長編刊行記念プレ特集 [第2回]
「十二国記」とは
これは、あなたの物語[畠中 恵/芦沢 央/三川みり/川谷康久]

◆NEW SERIES
橋本長道「覇王の譜」 画:サイトウユウスケ
プロ棋士になって七年間、C級2組に甘んじてきた、直江大。彼はここから這い上がり、栄冠を掴むことができるのか。元奨励会会員の新進作家が描く、令和将棋三国志――。

成田名璃子「ヤマワラウ」 画:Miltata
異なる時代を生きる、芳乃と詩織。二人の人生が糸のように紡がれ、物語を織りなしていく――。

◆SPECIAL STORY
恒川光太郎「さまよえる絵描きが、森へ」 画:尾花賢一
旅先で数日関わりを持っただけの男から届く、思いもよらぬメッセージ。黒い告白が行き着く先は―――。

十市 社「枯葉に始まり」 画:中島梨絵
周囲と一定の距離を保ちながらうまくやって来たつもりの大学生の顕だったが、ジャズサークルの先輩に呼び出され……。

青羽 悠「相反する春」 [競作プロジェクト201X]
近づくほどに遠ざかり、伝えたい想いは置き去りに。進学、就職、恋愛……五人も変化せずにはいられない。

◆CLOSE UP
吉川トリコ×朱野帰子
「同じ山を、違う道から」
 [特別対談] 写真:坪田充晃
「連載同期」の二人が初対面! 互いへのシンパシー、執筆作法、日常生活の小さな(けれど重大な)悩み、そして、歴史に残る小説とは――。

◆SERIES
最果タヒ「暗闇くん/暗闇くん 別邸」[第15回]
焚き火をする夜に読む詩/灯台の詩/小春日和の詩/2019東京/秋雨の詩

寺地はるな「ここにない希望」[最終回] 画:夜久かおり
どうして彼は私と一緒に逃げてくれたのだろう。かけおちの真相がひも解かれる、最終回。

乾 緑郎「機巧のイヴ3 如洲望郷篇」[最終回] 画:獅子猿
「必ずナオミを取り戻す」――フェル、八十吉、そして伊武は、それぞれに決意を秘めて最後の戦いに挑む。

燃え殻「これはただの夏」[第2回] 画:シバミノル デザイン:熊谷菜生
「君は、君が思うほど不幸じゃない」

小林勇貴「殺界団地」[第5回] 画:石川晃平
人殺しの一味、ここに集結!

小佐野 彈「我とひとしき人しなければ」[第2回] 写真:Dan Osano
「現代歌人協会賞」受賞の気鋭の歌人が、恋に焦がれた日々を歌と随想で綴る。私たちの時代の『伊勢物語』。

橋爪駿輝「さよならですべて歌える」[第2回] 写真:池谷 陸
どうしようもない僕は彼女との時間がずっと続くと信じていた。

浅原ナオト「今夜、もし僕が死ななければ」[第3回] 画:新井陽次郎
ノンケになる薬があったら、飲む? ――あいつは俺にそう尋ねた。

馳 星周「極夜」[第4回] 画:ケッソクヒデキ
楊偉民は、松若組の野上修とサシで対決することを心に決める――。

結城充考「アブソルート・コールド」[第6回] 画:與座 巧
尾藤は警察以外の何者かが花城の身辺を探っていることを知る。未来は佐久間種苗会長・佐久間旭から、驚くべき誘いを受けた。

門井慶喜「地中の星」[第11回] 画:山田ケンジ
資金調達、職人の反目、爆発事故。数々の困難を乗り越えて、東京地下鉄道の浅草―上野間がついに開通の日を迎えた。

小松エメル「銀座ともしび探偵社」[第3回] 画:しきみ
客がいて浅草十二階の恋人に会えない小山田を、学生服姿の少年が呼び止める。その恋人を紹介してほしいと懇願されるが――。

武内 涼「阿修羅草紙」[第5回] 画:加藤木麻莉
奪われた「叡山三宝」の行方を掴んだすがる。その時、きらめく複数の刃が眼前の友の身体を貫いた――。

柏井 壽「祇園白川 小堀商店 いのちのレシピ」[第3回] 画:中川学
浅薄なグルメブームに身を委ねる者。毅然としてそれを拒絶する者――。食の都で、料理人の矜持が問われる。

青柳碧人「猫河原家の人びと3」[第2回] 画:MITO(監修:uki)
友紀の推理ついに敗れる! ほくそ笑む犯人。だが、イヤ味な名探偵が登場して――。

◆COMIC
ふみふみこ「愛と呪い」[最終回]
もう世界が滅びればいいとは思わない。最終二話、慟哭の一挙掲載!

◆WORLD TRENDS
ひらりさ「トレンドを、読む読む。」
ツイッターのアイコン、何が正解ですか?

◆CULTURE & COLUMN
新井見枝香×千早 茜「胃が合うふたり」[第2回] 絵:はるな檸檬
ジェラートで幕開け! いざ真剣ストリップ飯。書店員×作家、胃袋無尽蔵の食べ友エッセイ。

小川 糸「境界線に置くことば」
隣人といとおしむ、白磁の満月

今泉力哉「午前一時のノスタルジア」
夏が嫌い

トミヤマユキコ「世界のαに関するカルチャー時評」[第13回]
自分の言葉を手放さないために

パリッコ「たそがれドリンカーズ」[第2回]
前後を自動車に挟まれながら、律儀に走るこいつの気持ちはどんなだろう。とかく余計なお世話の多い世の中で、マイペースなチンチン電 車が愛おしい。思いつき途中下車、ちょい飲み物語。今回の思いつきは町屋。

今 祥枝「海外エンタメ考 意識高いとかじゃなくて」[第5回]
ポリコレは娯楽を窮屈なものになんてしない。365日ドラマと映画を見ながら考える。

カレー沢 薫「モテる技術(仮)」[第15回]
そもそも「モテ」は今、求められているのか。連載の根幹を揺るがす疑問に挑む。

渋谷直角「パルコにお店を出したくて」[第5回]
「お店づくりプロジェクト」コンセプトはずばり、タテジク! ってそれより渋谷さん、元手とか人件費とか、諸々一体どーするつもりですか……??

執筆者紹介/編集後記

「知のバトン 哲学者が考え、引き継いできたもの」(平原 卓氏)、
「東京デストロイ・マッピング」(新納 翔氏)、
「多摩川異聞録」(恒川光太郎氏)は本号休載です

編集長から

K-POPブームの強烈な存在感

 サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」の放送・配信(TBS系列・GYAO!)が9月25日から始まります。今号は、日本のエンタメシーンでは過去最大級の制作規模とも称されるこの番組に関連した特別記事を二つ準備しました。

「先日、『しゃべくり007』の出演でも話題になったIZ*ONE(アイズワン)が、実は韓国のオーディション番組から誕生したグループだということはご存じだろうか。AKBグループの宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美の日本人メンバー3名が所属しているIZ*ONEだが、そんな彼女たちを輩出した番組こそ、国を越えて熱狂を生んだオーディション番組「PRODUCE 101」シリーズ、通称プデュなのだ」(尹 秀姫さん「PRODUCE 101はなぜ世界的成功を収めたのか」より)

 アジア諸国や欧米でも注目を集めるK-POPブームの強烈な存在感の背景に、気鋭のライターが迫ります。韓国Mnetで放送された「PRODUCE 101 シーズン2」から誕生した史上初の日韓男性デュオ、「JBJ95」のキム・サンギュンさん&高田健太さんへのインタビューとともにお楽しみください。

 本誌は公式ツイッターアカウント(@yomyomclub)で折々に掲載作品のご紹介などを行っています。vol.58の発売前告知で上記とともに大きな反響をいただいたのが、神田松之丞さんの語り下ろし「絶滅危惧職、講談師を生きる 番外編」です。
 真打ち昇進、「六代目神田伯山」襲名という大行事を2020年2月に控え、講談界の明日を背負う男はいま何を思うのか。覚悟を胸に紡がれる激しく静かな数々の言葉が、芸人として、一人の男として変化していくその姿を鮮やかに映し出します。

 小説の新連載は2作品。
「覇王の譜」で本誌初登場の橋本長堂さんは、日本将棋連盟のプロ棋士養成機関である「奨励会」出身という異色の新進作家です。プロ棋士になって7年間、C級2組に甘んじてきた主人公・直江大。彼はここから這い上がり、栄冠を掴むことができるのか――。天才とも神童とも呼ばれてきたであろう少年たちが出会い、鎬を削り、勝者と敗者が分かれて行く。そんな苛烈な世界の熱気が行間から溢れ出てくるような作品です。

 成田名璃子さんは『咲見庵三姉妹の失恋』(新潮文庫)の執筆から二年、満を持しての「ヤマワラウ」連載開始です。以下、成田さんご自身のツイッターアカウント(@narita_narico)より。

「舞台は日本の機処・群馬県桐生市。手織りに魅せられた芳乃と詩織、二人の主人公が、絹貿易で隆盛を極めた昭和初期の桐生と職人スピリットが継承された現代のヒップな桐生で経糸と横糸となって物語を紡ぎます。
 手しごと、クラフト、一点もの。人類の歴史の中で、たとえば主婦の自己実現として片付けられてきたものの中には、おそらく芸術作品と呼んで差し支えのないものが沢山あって、日々の生活の中に埋もれ、消えていったのだろうなあと昔から残念に思っていて。
 部族の無事を祈って織られたラグ、子の成長を願う刺繍。暮らすこの世界の美しさ、その同じ世界を襲うやり場のない悲しみ。女達は手先を動かすことで、それらを結晶化させ、日々を生き抜いてきたのだと思うとロマンです。iichiやCreemaが好きな方、モールで逆に消費されてる感がある方にもぜひ届け!」

 ほかにも、「『十二国記』新作書き下ろし長編刊行記念プレ特集の第2回や、平成生まれの作家が描く2010年代の物語「競作プロジェクト 201X」(今号は青羽悠さん「相反する春」)などvol.58はyom yom史上最大の読み応えかもしれません。前号に続いて頁数の最大記録を更新してますし。(お得です)

 ところで、吉川トリコさんと朱野帰子さんが今号の特別対談「同じ山を、違う道から」の中で「ダメな人間を書く」ことに触れています。「こうあるべきみたいなものが人間関係をシビアにしていると思うので、率先してダメなところや悩みを発信していけたら」(朱野氏)。

 スコット・フィッツジェラルドは「相反する二つの思想を抱え破綻しないこと」に焦がれました。そんな作者の似姿のように、フィッツジェラルド作品の主人公たちはいつも必死に何かを求め、そして手が届かない。いわば自分の価値観によって苦しみが起動します。だから悲劇のはずなのに、作品に不思議な祝祭性があるのはなぜなのでしょう。

 ああダメだダメだ本当にダメだ。そう意識した人はすでに、何かよきものに包まれているのかもしれません。手に入る時ではなく、欲しいという意志が発動する瞬間にこそ、人生は充填されると言いますか。

 今号で最終回の寺地はるなさん「ここにない希望」。誰かの意志が震え出す様をただ見つめ続ける空っぽの人、柳瀬希望の心に映ずる風景はどんなものなのだろうと思います。

「yom yom」編集長 西村博一

JBJ95 yom yom登場を記念し、直筆サイン入りチェキプレゼント

JBJ95 yom yom登場を記念し直筆サイン入りチェキを抽選で3名様にプレゼント!
yom yom Twitterアカウント @yomyomclubをフォロー&キャンペーンツイートをリツイートで応募完了となります。
応募期限は、2019年10月1日 23:59まで!

参加方法

(1)yom yom Twitterアカウント(@yomyomclub)をフォロー

(2)該当ツイートをリツイートで参加完了

1.Twitterをフォローする

2.リツイートする

募集期間

2019年9月20日~10月1日(23時59分まで)

抽選・当選者発表

厳正なる抽選の上、当選者のTwitterアカウントへ公式アカウントよりDM(ダイレクトメッセージ)を送付させていただきます。

個人情報の取り扱いについて

・当選者よりお預かりした個人情報は株式会社新潮社が厳重に管理し、当選者の当選連絡および賞品の発送以外の目的で利用することはありません。

・法令により適用を除外されている場合を除き、原則として事前に同意を得ずに第三者に提供することはありません。

ご注意事項

本条件に予めご同意いただいた上でご参加ください。
・複数のアカウントからご応募可能ですが、当選の権利はお一人様一枚までです。
・チェキ写真の種類はお選びいただけません。編集部より当選者の皆様にランダムでご発送いたします。
・応募条件を満たしていない場合は抽選対象にはなりません。
・日本国内にお住まいのTwitterアカウントをお持ちの方で、かつ賞品のお届け先が日本国内の方に限らせていただきます。
・本プレゼント応募後、当選発表以前にアカウントのフォローを解除された場合は抽選対象となりません。
・抽選および当選結果については、個別にお問い合わせいただいてもお答えいたしかねます。
・プレゼントを受け取る権利は、第三者に譲渡することはできません。
・当選賞品の換金、返品はできませんので予めご了承ください。また、転売もご遠慮ください。
・お客様の住所・転居先が不明などで賞品をお届けできない場合は、当選を無効とさせていただきます。
・Twitterでの投稿によって発生したトラブルにつきましては、当社は責任を負いません。
・個人・団体を誹謗中傷する内容、経済的/精神的損害を与える内容、名誉毀損および侮辱にあたる内容等、第三者の迷惑になりうる可能性のあるツイート投稿は当選を無効とさせていただきます。
・都合により商品の発送が遅れる場合があります。
・Twitterにて鍵をかけたり非公開アカウントにしている場合には抽選対象となりません。
(投稿の非公開をONにされている方は、参加対象外になりますのでご注意ください。)
・当選の際、DM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡をいたしますので、お使いの端末の通知設定(プッシュ通知)をオンにしてください。
・当選通知受信後、指定の期限までに、ご連絡先、住所、必要事項をご指定の方法でご連絡ください。期限までにご連絡がない場合は当選を無効となります。

次号予告

バックナンバー

雑誌から生まれた本

yom yomとは?

世界はこんなにも様々な可能性に満ちているから。

「yom yom」はそんな物語の囁きを、あなたがこっそり聞きに来る雑誌です。あなたと一緒に歩いてくれる、あなたのための物語が、見つかる場所になりたいのです。それでお気に入りを読み終えたら、「しょうがない。明日も生きていってやるさ」とでも思っていただければ幸せです。注目作家の小説も詩もコミックも……文芸の「イマココ」に必ず出会えるボリュームたっぷりの文芸誌です。

yom yom

以下の電子書店よりご購入ください。

電子書店

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • honto
  • BookLive
  • BOOK☆WALKER
  • Reader
Shincho Live!