シリーズ作品紹介/著者プロフィール
  • 『魔性の子 十二国記』
  • 『月の影 影の海 十二国記』
  • 『風の海 迷宮の岸 十二国記』
  • 『東の海神 西の滄海 十二国記』
  • 『風の万里 黎明の空 十二国記』
  • 『丕緒の鳥 十二国記』
  • 『図南の翼 十二国記』
  • 『華胥の幽夢 十二国記』
  • 『黄昏の岸 暁の天 十二国記』
小野不由美プロフィール
小野不由美 おの・ふゆみ 大分県中津市生まれ。大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に所属。1988年、作家デビュー。94年に刊行された『東亰異聞』が話題を呼び、『屍鬼』(98年)がベストセラーとなる。『魔性の子』(91年)から始まる「十二国記」シリーズは、多くのファンを魅了する超大作となる。おもな著書に『黒祠の島』『くらのかみ』「ゴースト・ハント」シリーズなどがある。