書店員さんから絶賛の声、続々!!

心揺さぶられる、7年ぶりの傑作長編!

わかる、わかる! 身に覚えがありすぎる。20~30代女子の生活のすべてが詰まっています。
(紀伊國屋書店 ゆめタウン徳島店 川井菜愛さん)

 

悩むって、考えるって、悪いことじゃない。「恋愛小説」というよりも、「人生小説」でした。
(宮沢書店 TSUTAYAイオンタウン館山店 新藤幸代さん)

 

ラストで思わず「!!!」。読後、心地よい幸せ感に包まれました。
(幕張 蔦屋書店 後藤美由紀さん)

生きにくい時代の空気もそのままに、感情の機微を細やかに紡いだ、もどかしい日々の必読書!
(ブックジャーナリスト 内田剛さん)

“幸せ”なんていうものは、きっと正しい答えなんてないのです。ふと、普通の人の普通の人生って、こんなふうに流れていくのかなあと感じました。いつまでも、森ガールでは、みんないられない! 山本文緒さん、いいね!
(有隣堂 藤沢店 佐伯敦子さん)

女性にとっての悩みがたくさん入っていて、感情移入しまくりの本でした。学歴や収入も大事だし、お金がないと将来不安な気持ちになることは本当によく分かります。これから結婚を考えている女性には特におすすめしたい本ですね。
(コメリ書房 鈴鹿店 森田洋子さん)

正直、「恋愛小説の人でしょ?」と思って、読まず嫌いでした。すみません。まさか30代女子に共感して読めるとは思いもしませんでした。リアリティがあるからでしょうね、スゴイです。直木賞作家の実力を思い知りました。
(天一書房 瀬谷店 長山剛士さん)

ほんとにそう、私もそう。迷いや不安で、悩んでぐるぐる回っている。気づいたらいろんなものが巻きついていて、でもその巻きついたものをゆっくり解いていくうちに、幸せに辿りつくのかもしれない。この物語を読んでそんなふうに思えたら、すとんと気持ちが軽くなった。
(喜久屋書店 小樽店 渡邊裕子さん)

誰でも生きていれば、何度も岐路に立たされ、その都度、決断を迫られる。読みながら、その時々の私自身を思い出していた。今日からも頑張れ! と、自分にエールを送ろうと思った。
(正文館書店 緑区グリーンプラザ店 矢島由美子さん)

みっちりと濃い映画を見終わったような読後感に包まれながら、ふうと息を吐くと、母の顔が浮かんだ。私は、母にこの物語を贈りたいと思った。
(本の森セルバ BRANCH岡山店 横田かおりさん)

都にイライラしたのは、私にも似たところがあるから。うんちくばかりで煮え切らない彼を心の中で責めたのは、選んだ自分を肯定したいから。人生おひとり様一回限り。同じ軌道は二度と辿らないのだから、今日は今日の風に吹かれようと思う。読後、ぐるぐる自転しながら、公転中です。
(未来屋書店 大日店 石坂華月さん)

年をとるということは、若さと引き換えに安定をもらえるものだと思ってきたが、そういう認識が誤りだったのかもしれない――。この1行に、目からウロコでした。完全な幸福はないかもしれないけれど、全力で生きている都が、いとおしい。
(正文館書店 長久手フレンドタウン店 各務雅美さん)

最後まで夢中で読みました。主人公の都が置かれているシチュエーションがとてもリアルで、ともすると「これは私?」と思えて来たりしました。幸せの形は人それぞれ、おとぎ話のようなハッピーエンドでなくてもいいんだと、やさしく背中を押してくれる作品です。
(有隣堂 町田モディ店 原田明美さん)

他人事とは思えない部分があまりにも多くありました。ときどき、都の気持ちなのか自分の気持ちなのかわからない、不思議な感覚になりました。ものすごく大きな勇気をもらえた気がします。
(BOOK BOX 文華堂 室井友佑さん)

牛久大仏が突如現れた時の驚きを思い出しながら読みました! 等身大のひたむきさに、都ちゃんを応援しながら! 想像より広大で、浪漫があって、山本文緒さんの包容力に、今悩みがある人も、勇気づけられる小説です。
(うさぎや 矢板店 山田恵理子さん)

主人公と年齢が近いので、感情移入して一気に読みました。結婚、お金、仕事、親の看病…あらゆる困難が次々と襲ってきますが、どれもが誰にでも起こりうることなので、自分も同じ立場だったらどうするだろうかと考えながら読み進めました。エピローグを読んだ後に、もう一度プロローグを読みたくなる作品です。
(ほんのいえ 宮脇書店越谷店 傅田亜弓さん)

「だよね~」「わかる~」と、読者のため息聞えてきます! 主人公都の姿は、私の等身大の姿。目に見えない未来を心配し、勝手に焦り、くよくよして七転八倒する姿に、本当に多くの読者がざわざわするほど共感してしまうでしょう。100%の幸せを求めず、30%ぐらいあればと気楽に人生楽しんでいければと思います。
(ジュンク堂書店 三宮店 三瓶ひとみさん)

←特設サイトに戻る