2018年12月14日 |

皆さま、こんにちは。文庫女中のおしまです。
いよいよ冬本番の寒さがやってきましたね。

お伝えしておりましたように、
新刊『おおあたり』&『新・しゃばけ読本』の読者プレゼントは、
なんとあの日本橋の老舗「にんべん」さんとのコラボの「飲むおだし」
しかも「かつお」と「かつお昆布」の豪華二缶セットです!


おしまもひと足さきに「飲むおだし」をいただきましたが、
これがとにかく体に沁みいる美味しさ!
寒いこの季節、うまみたっぷりのだしを飲むと、体の芯が温まり、
気分がほっとほぐれていくのを感じます。
さすが老舗!といったお品でございます。
皆さまにもぜひ、このおだしを味わっていただきたいです!

早くも読者の皆さまから、おはがき、そして今回はじめて実施した
webでのご応募も多数集まっております。
お好きな方法でどしどしお申込みいただければ嬉しいです。
締切は1月15日
ご応募方法は、文庫のオビをごらんくださいませ!
2018年11月29日 |

皆さま、こんにちは。文庫女中のおしまです。
いよいよ『おおあたり』&『新・しゃばけ読本』の文庫が発売となりました!
全国書店さんでドーンと積んでいただいています。よろしくお願いいたします。

さて本日は『新・しゃばけ読本』とは何ぞや、という読者の方のために、
ご説明させていただきます。



簡単に言いますと、この文庫は「しゃばけシリーズ入門書」です。
あらすじ紹介、登場人物解説など、シリーズのことを知るための情報が
つめこまれております。

しゃばけシリーズは、どの巻から読んでいただいても、お話がわかるよう、
畠中恵さんが工夫して書いてくださっています。

けれども、
「しゃばけは気になっていたけど、
新しい巻から読んで付いていけるかな?」とか
「最初の巻のほうは読んでいたけど、また再開したいな」
とか
「あれ、この妖ってどういうキャラだったかな?」
といったような、
読者の皆さまにニーズにこたえる内容となっております。

そして、2010年に刊行された文庫『しゃばけ読本』との違いにつきまして。
8年前の『読本』は、第9作目の『ゆんでめて』までのあらすじ、キャラ紹介が
掲載されていますが、『新・読本』は第17作目『むすびつき』までをカバー。

その他の読み物もリニューアルされています。

畠中さんに創作の秘密を根ほり葉ほり(!)インタビューしたり、
物語を考えながら歩いているという散歩道に着いて行ったり、



柴田ゆうさんに、イラストを描く過程や画材を公開してもらったり、と



奉公人たちのゴリ押しで、お二人の秘密にずいずい迫っておりますので、
ぜひ読んでみてくださいね。

そして、絵本『みぃつけた』は、旧作同様、全編特別収録されています!

初心者もマニアの方も、しゃばけがもっと好きになる一冊になりました。
ぜひ、お手に取ってみてくださいね!

2018年11月29日 |


判型 : 新潮文庫
ISBN : 978-4-10-146173-1
整理番号 : は-37-0
発売日 : 2018/12/01
定価 : 810円

購入

豊富なカラーイラスト満載で、しゃばけシリーズを全解説。絵本『みぃつけた』も収録。

病弱だけれども、優しくて知恵の働く若だんなと、彼を見守る不思議で愉快な妖たちが、お江戸に起こる難事件珍事件を解決! 大人気しゃばけシリーズのガイドブックが登場です。物語紹介から妖と人物解説、作者&絵師の創作の秘密にも迫ります。巻末に絵本『みぃつけた』を特別収録。初心者からマニアの方まで、シリーズの魅力を楽しみ尽くすための豪華な一冊。『しゃばけ読本』増補改訂版。

【目次】

『しゃばけ』から『むすびつき』まで!
物語紹介

主な登場人物関係図

おこぐとあゆぞうによるしゃばけシリーズ
登場人物解説

新旧「長崎屋間取り図」

「妖たちの一軒家」が見たい!

時代用語解説

畠中恵[創作の秘密]
「しゃばけ」はこうして生まれた!
――戯作者 畠中恵ロングインタビュー

江戸がよみがえる散歩道
【皇居東御苑】

絵師 柴田ゆう
しゃばけイラスト大解剖!

蔵出しあやかしギャラリー

若だんなと歩こう!
しゃばけお江戸散歩

鳴家絵描き歌

[特別収録]絵本『みぃつけた』
2018年11月29日 |


判型 : 新潮文庫
ISBN : 978-4-10-146136-6
整理番号 : は-37-16
発売日 : 2018/12/01
定価 : 637円

購入

金次の富札が百両以上の大当たりで、長崎屋はてんやわんや。福を呼び込む第15弾。

長崎屋にまたまた事件が。金次がもらった富札が百両以上の大当たりだったのだ! 噂を聞きつけた人々が金の無心に寄ってくる一方で、当たり札が偽物ではないかという疑いも出てきて――。栄吉の新作菓子の成功が招いた騒動に、跡取りとしての仕事を覚えたい一太郎の奮闘、場久が巻き込まれた夏の怪異、そして小僧時代の仁吉と佐助の初々しいお話も堪能できる、めでたくて晴れやかな第15弾。

【目次】


おおあたり
長崎屋の怪談
はてはて
あいしょう
暁を覚えず

畠中さん、「日本橋の大だんな」に会いに行く
対談 細田安兵衛氏(榮太樓總本鋪相談役)
挿絵 柴田ゆう
2018年11月29日 |


判型 : 新潮文庫
ISBN : 978-4-10-146136-6
整理番号 : は-37-16
発売日 : 2018/12/01
定価 : 637円

購入

金次の富札が百両以上の大当たりで、長崎屋はてんやわんや。福を呼び込む第15弾。

長崎屋にまたまた事件が。金次がもらった富札が百両以上の大当たりだったのだ! 噂を聞きつけた人々が金の無心に寄ってくる一方で、当たり札が偽物ではないかという疑いも出てきて――。栄吉の新作菓子の成功が招いた騒動に、跡取りとしての仕事を覚えたい一太郎の奮闘、場久が巻き込まれた夏の怪異、そして小僧時代の仁吉と佐助の初々しいお話も堪能できる、めでたくて晴れやかな第15弾。

【目次】


おおあたり
長崎屋の怪談
はてはて
あいしょう
暁を覚えず

畠中さん、「日本橋の大だんな」に会いに行く
対談 細田安兵衛氏(榮太樓總本鋪相談役)
挿絵 柴田ゆう
火事で焼けてしまった旧長崎屋と新しく完成した長崎屋を大公開! 謎につつまれていた2階の様子も見れます。
パソコンやケータイ、iPhone/iPad用の壁紙や幻の傑作イラストをプリントして塗り絵としてもを楽しめます。
畠中恵さんの対談やインタビューなどを読むことができます。しゃばけシリーズの立ち読みや書評もご覧頂けます。
しゃばけシリーズの刊行情報やイベント情報、オリジナルグッズ、そして公式サイトの特典情報などをお知らせするメールマガジンです。

しゃばけメールマガジンを購読する
新潮社で刊行される畠中恵さんの新刊情報をいち早くお知らせします。

新刊お知らせメールに登録する
鳴家たちがみなさまのお声を承ります。ご意見・ご感想をお待ちしております。

メッセージを送る