十二国記通信―麒麟便り―


『華胥の幽夢』挿絵公開!




発売から間もなく新年を迎え、休暇中に読まれた方も多いのではないでしょうか。
お陰様で、既に重版となりました!

本作は、5編収録の短編集です。その中から「華胥」の扉イラストをご紹介いたします。

カバー画は、華胥華朶(かしょかだ)を手にする采麟(さいりん)の美しく儚い姿が胸に迫りました。
扉絵では、その采麟のほかに、自らの理想の国を目指した王・砥尚(ししょう)、国の行く末を案じ、采麟を見守る栄祝、朱夏、そして甲斐甲斐しく働く青喜が描かれています。
誰もが理想を抱き、幸福を願うそれぞれの表情が伺えます。

この他の各話には、泰麒や楽俊たちの扉イラストが描かれています。
ご堪能ください!
2014/01/17